【ビルボード】Creepy Nuts「Bling-Bang-Bang-Born」がストリーミング4連覇達成 Omoinotake「幾億光年」が上昇

 2024年2月21日公開(集計期間:2024年2月12日~2月18日)のBillboard JAPANストリーミング・ソング・チャート“Streaming Songs”で、Creepy Nuts「Bling-Bang-Bang-Born」が首位を獲得した。

 「Bling-Bang-Bang-Born」は、現在放送中のTVアニメ『マッシュル-MASHLE-』第2期オープニング・テーマで、1月7日に配信がスタート。1月17日公開の当チャートで30位に初登場すると、1月31日公開チャートで初の首位を獲得し、当週で4連覇を達成。再生回数は、前週比108%の21,812,337回をマークして、引き続きピークを更新した。なお、同曲は米ビルボード・グローバル・チャート“Global Excl. U.S.”において、1月27日付の同チャートで48位に初登場。その後右肩上がりに順位を上げて、2月17日付の同チャートでは3位に浮上している。また、現在放送中のドラマ『不適切にもほどがある!』主題歌である「二度寝」は、前週92位の初登場から当週68位にジャンプアップ。同曲は、2月10日に放送された『Venue101』で披露されており、2月26日放送の『CDTVライブ!ライブ!』でもパフォーマンス予定とのこと。ドラマや音楽番組の影響が、今後のチャート・アクションにどう反映されるのか、3月20日に発売されるフィジカルと併せて注目したい。

 2位は、tuki.によるオリジナル楽曲「晩餐歌」で、当週の再生回数は前週比98%の微減に留めて9,992,236回を記録。同曲は、9月29日に配信がスタートすると、10月11日公開の当チャートで17位にデビュー。その後もトップ20位圏内をマークして、1月24日公開チャートで自身初の首位を獲得するとともに、ソロとしてはビルボードジャパン史上最年少の記録となる15歳で、累計1億回を突破している。続く3位はYOASOBI「アイドル」で、再生回数は前週比99%の8,113,761回を記録した。

 そして、現在放送中のドラマ『Eye Love You』主題歌であるOmoinotake「幾億光年」が7位をマークして初のトップ10入り。2月7日公開の当チャートで39位に初登場して以降、右肩上がりに順位を上げている。同曲は、集計期間中の2月16日に『THE FIRST TAKE』にて映像が公開されており、今後2月28日発売のフィジカル、そしてドラマと連動したさらなる伸びが期待される。

 当週初登場楽曲のうち、櫻坂46「何歳の頃に戻りたいのか?」が10位をマークして最高位。そのほか、原因は自分にある。「マルチバース・アドベンチャー」、SPYAIR「オレンジ」、宇多田ヒカル「何色でもない花」、THE RAMPAGE from EXILE TRIBE「Can't Say Goodbye」、INI「LEGIT」、BAD HOP「Last Party Never End (feat. Tiji Jojo, YZERR, Vingo & Yellow Pato)」が初登場した。


◎【Streaming Songs】トップ10
1位「Bling-Bang-Bang-Born」Creepy Nuts(21,812,337回再生)
2位「晩餐歌」tuki.(9,992,236回再生)
3位「アイドル」YOASOBI(8,113,761回再生)
4位「唱」Ado(7,848,986回再生)
5位「ケセラセラ」Mrs. GREEN APPLE(7,242,287回再生)
6位「SPECIALZ」King Gnu(6,476,476回再生)
7位「幾億光年」Omoinotake(6,058,030回再生)
8位「ナハトムジーク」Mrs. GREEN APPLE(5,958,782回再生)
9位「怪獣の花唄」Vaundy(5,912,623回再生)
10位「何歳の頃に戻りたいのか?」櫻坂46(5,895,254回再生)

※()内はストリーミング再生回数。
※総合ソング・チャート“Hot 100”のストリーミング指標と動画再生指標およびストリーミング・ソング・チャート“Streaming Songs”では、一部サービスにおけるデータを無料ストリーミングと有料ストリーミングで分けて集計し、それぞれ異なる係数を乗じているため、再生回数の合算によるランキングとは異なる場合があります。