リアーナ、待望のニュー・アルバムについてパートナーのエイサップ・ロッキーがファンに最新情報を提供

 エイサップ・ロッキーが、仏パリに出かけた際、ファンからリアーナの次のアルバムについての最新情報を求められた。

 X(旧ツイッター)に投稿された映像で、あるファンが【グラミー賞】にノミネートされたエイサップと一緒に写真を撮影した後、リアーナが何年も前から予告してきた9枚目のスタジオ・アルバムについて尋ねると、エイサップは笑顔で「彼女はそれに取り組んでいるよ!」と答えて立ち去った。すると、彼の周りに集まったファンはすぐに興奮の叫び声を上げた。

 リアーナ自身は最近、新曲について口を閉ざしている。昨年12月、フェンティ×プーマのプロモーション・イベントで、9度【グラミー賞】を受賞した彼女は、2016年にリリースした『アンチ』の続編についての質問に「全部は言えません」とだけ答え、ニヤニヤ笑いながら「将来についての予測を教えることになります」とかわした。

 リアーナは最初に『アンチ』の数年後に9thアルバムがリリースされると予告していた。2018年12月、あるファンがインスタグラムの投稿でこのアルバムの発売時期を尋ねたところ、彼女はシンプルに「2019年」と答えた。彼女はまた、新作に関するヒントを随所で示していた。2021年に米AP通信のインタビューで、リアーナは「噂で聞いていることに期待しない方がいいです。ただ、それを覚えておいてください。みんなが知っているリアーナではないものを聴くことになる。私は本当にいろんなことを試しています」と話した。

 ニュー・アルバムはまだ発売されていないが、リアーナは近年多忙を極めている。彼女は数年前からロッキーと交際しており、現在は2人の息子、RZAとライオット・ローズを共に育てている。二人は最近仏パリでロマンチックなバレンタインデー・ディナーを楽しんだ。リアーナはまた、自身のファッション・ブランド、フェンティを発展させ続け、米フォーブス誌は2021年8月に彼女が億万長者の地位に達したと報じるほどの成功を収めている。

 その他、リアーナは2023年の【スーパーボウル】のハーフタイム・ショーでヘッドライナーを務めるなど、多忙な日々を送ってきたが、新しい音楽をいくつかリリースしている。ただし、まだ正式なアルバムを発売していない。彼女は映画『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』のサウンドトラックに、ブラックパンサー役の故チャドウィック・ボーズマンに捧げる「Lift Me Up」とバラード曲「Born Again」の2曲を提供した。「Lift Me Up」は米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”で最高2位を獲得し、【グラミー賞】の<最優秀映像作品楽曲>と【アカデミー賞】の<最優秀オリジナル楽曲>にもノミネートされた。