メイン画像

今日2月21日、日本気象協会は「2024年春の花粉飛散予測(第4報)」を発表しました。すでに西日本や東日本はスギ花粉の飛散が開始し、東北も一部でスギ花粉の飛散が始まっています。まだスギ花粉が飛散開始となっていない地点も、3月上旬までに飛散開始となるでしょう。北海道では4月下旬に、シラカバ花粉が飛散開始となる見込みです。

2024年 スギ花粉の飛散開始時期

画像A

2月中旬は関東・北陸・四国や九州地方で春一番が吹き、各地で季節外れの暖かさとなったため、スギ花粉が飛散開始した地点が多くなりました。今年は暖冬に加え、この季節外れの暖かさが影響し、スギ花粉の飛散開始は例年より早い所が多くなりました。2月上旬には九州全県や、三重県、静岡県、山梨県などで飛散開始となりました。2月中旬には、中国・四国から関東・北陸の広い範囲と、東北の一部で飛散開始となっています。
この先、2月下旬の気温は平年並みか低くなりますが、3月の気温は平年並みか高めに推移する見通しです。このため、東北などの飛散開始となっていない地点も3月上旬までに飛散開始となる見込みです。

※1 飛散開始日とは、1平方センチメートルあたり1個以上のスギ花粉を2日連続して観測した最初の日
※2 図の飛散中のエリアには、飛散開始(※1)が確認できている地点だけでなく、わずかに飛散している地点も含みます。

主な地点の飛散開始日は次の通りです(日本気象協会 独自観測地点)。
宮城県 仙台市  2月15日
茨城県 水戸市  2月13日
東京都 千代田区 2月13日
富山県 富山市  2月13日
大阪府 大阪市  2月16日
広島県 広島市  2月13日
香川県 高松市  2月17日

スギ・ヒノキ花粉のピーク時期

すでに九州や東海、関東の一部では、スギ花粉が非常に多く観測されている所があります。福岡や高松ではまもなくスギ花粉の飛散がピークを迎えるでしょう。雨上がりの日などは花粉の飛散が非常に多くなる見込みです。広島・大阪・名古屋・金沢・東京・仙台は3月上旬にピークを迎えるでしょう。ピークの期間はおよそ10日から1か月近く続く見込みです。とくに、晴れて暖かい日や風が強い日は、花粉の飛散量が増えるので、万全な花粉対策を心がけて下さい。
また、ヒノキ花粉のピークは、3月下旬から4月上旬の所が多いでしょう。仙台はヒノキ花粉の飛散量は少なく、はっきりしたピークは現れない見込みです。

シラカバ花粉の飛散開始時期(北海道)

北海道のシラカバ花粉は4月下旬に飛散開始となる見込みです。北海道のシラカバ花粉が飛び始める時期は、春(3~5月)の気温が高いと早まる傾向があります。今年の春の気温は、平年並みか高めに推移する見通しです。このためシラカバ花粉の飛散開始は、例年並みか早いでしょう。

日本気象協会の花粉飛散予測とは

日本気象協会は1990年からスギ花粉の飛散予測を発表しています。日本気象協会の花粉飛散予測は前シーズンの花粉飛散結果や今後の気温予測などの気象データをもとに、全国各地の花粉研究会や協力機関からの情報、花芽の現地調査の結果などをふまえて予測しています。