メイン画像

今週の天気ポイントは、「激しい寒暖差」と「大雨」に注意が必要です。前半は春本番ですが後半は真冬の寒さに逆戻り。本州付近に前線が停滞するため季節外れの長雨となり、20日(火)~22日(木)頃は、西日本や東日本では大雨の恐れがあるため警戒が必要です。

前線が停滞 季節外れの長雨に

画像A

明日19日(月)は、前線が日本海から次第に南下、西からは別の前線が東進する見込みです。前線に向かって、季節先取りの暖かい空気が北日本まで流れ込み、全国的に気温が平年より大幅に高くなる見込みです。特に、北日本では、記録的な暖かさとなるでしょう。南よりの風が強まるため、九州北部などで「春一番」の可能性があります。

20日(火)以降は、前線が本州付近に停滞する見込みです。22日(木)頃にかけて、前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、九州~関東を中心に大雨となる恐れがあります。石川県では、20日(火)~21日(水)は、警報級の大雨の可能性があるため警戒が必要です。

19日(月) 天気下り坂 南風強まり「春一番」か

画像B

明日19日(月)は、全国的に天気は下り坂です。西日本は朝の通勤・通学の時間帯から雨で、雷を伴い激しく降る所もあるでしょう。午後は東日本や北日本でも雨が降り出す見込みです。全国的に南よりの風が強まり、九州北部や近畿などで「春一番」の発表があるかもしれません。

「春一番」は、荒天をもたらす「春の嵐」のため、注意・警戒が必要です。

季節外れの大雨の恐れ

画像C

20日(火)は全国的に雨で、この雨を境に、上空の寒気が南下する見込みです。北海道や東北では雪の日が多くなり、強まる所もあるでしょう。一方、九州から関東では23日(金)頃にかけて断続的に雨で、20日(火)~22日(木)頃は活発な雨雲が次々とかかり、2月ひと月分の雨量を超えるような大雨になる恐れがあります。

2月の雨量は、東京都心など一年で最も少ない時期ですが、九州~関東の所々で平年の2月ひと月の雨量を超すような雨が予想されています。道路の冠水などに注意が必要です。

春本番から真冬の寒さに逆戻り

画像D

明日19日(月)は、今日18日(日)以上に気温が上昇し、北日本で記録的な暖かさとなる見込みです。札幌市14℃、函館市15℃、青森市18℃の予想です。予想通り上がれば、これらの地点では2月1位を更新する見込みです。

北海道内では、これまで2月の歴代最高気温は15.8℃(斜里町宇登呂:2010年2月25日)ですが、記録を更新する可能性があります。

東北南部~九州にかけては、20℃くらいまで上がる所があるでしょう。新潟市で2月に20℃以上になると、2004年以来、20年ぶりとなります。北陸周辺も、この時期としては記録的な暖かさとなりそうです。

20日(火)も、九州~関東では所々で20℃くらいまで上がり、東京都心は22℃と5月上旬並みの予想です。

ただ、21日(水)は各地でグッと気温が下がり、札幌は最高気温が0℃未満の真冬日が続くでしょう。東京都心もグッと寒くなり、10℃に届かず一桁の気温の日もありそうです。

今週の天気ポイントは、「春本番から真冬の寒さに逆戻り」です。気温変化が非常に大きくなるため、体調管理にご注意下さい。

今週前半は気温上昇 融雪災害に注意

画像E

暖かくなることで心配されるのが、融雪による災害です。積雪が多く残る所では、気温の上昇や雨により雪解けが進むことで、次の3つの災害が発生する恐れがあります。

① 雪解けによって「全層なだれ」が発生しやすくなります。山に積もった雪が全て滑り落ちる現象で、気温の上昇や雨の後などに多く発生します。過去になだれが発生した斜面や積雪に亀裂が入っている所では、特に注意が必要です。

② 雪解けにより大量の水分が地面に浸み込むことで地盤が緩み、「土砂災害」が発生することがあります。山間部や急な傾斜地では、特に注意が必要です。

③ 雪が多く積もった道路で、気温が上昇したり、雨が降ったりすると、「冠水」のおそれがあります。路肩に集められた雪によって排水が悪くなったり、雪の塊が排水溝を塞いだりしてしまうことがあるためです。大雪のあとの雨は、たとえ大雨でなくても、道路の冠水に十分ご注意ください。

このほか屋根からの落雪も多くなるため、屋根の上の雪下ろしや軒先で作業する際は注意が必要です。