メイン画像

昨日15日に春一番を吹かせた低気圧は東へ。今日16日は一転して冷たい北よりの風が吹き、北海道と東北北部は午前を中心に雪や吹雪。晴れのエリアも気温はあまり上がりません。

冬の天気分布

昨日15日の日中は、低気圧が日本海を東進。各地で暖かい南風が強まり、北陸、関東、四国地方では「春一番」が吹きました。
昨夜からは徐々に南風から北風に変わり、グッと冷えてきました。
今日16日午前5時現在、北海道と東北北部は多くの所で雪が降り、東北南部の日本海側や北陸から中国地方にかけても山沿いを中心に雪雲のかかっている所があります。

北海道と東北北部は、日中も日本海側を中心に雪が降ったりやんだり。ここ数日の暖かさで雪解けが進みましたが、再び積雪が増える所が多くなるでしょう。路面状況の変化に注意が必要です。北または西よりの風が強く、ふぶいて見通しの悪い所もあるでしょう。
東北南部や北陸、関東から九州にかけて、朝のうちまでは日本海側の一部で雪や雨。昼前からは広く晴れて、雲が多めの地域も日差しが届きます。
沖縄は気圧の谷や寒気の影響で雲に覆われるでしょう。大気の不安定な状態が続きますので、急な雨や雷雨にお気を付けください。

広い範囲で寒さ戻る

画像B

最高気温は、北海道は広く0℃に届かず、「真冬日」に。東北北部は3℃前後で、東北南部と北陸は4℃から8℃くらい。関東から西は10℃から15℃くらいで、沖縄は22℃前後の予想です。
多くの所で、昨日より大幅に低くなり、この時期本来の気温になります。
北よりの風が吹いて、体感温度はさらに低くなるでしょう。晴れる地域でも、マフラーや手袋などが活躍しそうです。