メイン画像

今日22日から九州は冬型の気圧配置に変わり、23日(火)から24日(水)は今季一番の強い寒波が襲来。24日(水)にかけて九州の平野部でも積雪し、大雪のおそれがあります。早めに雪や厳しい寒さに備えておきましょう。

気温急降下 24日にかけて平野部も積雪のおそれ

画像A

今日22日、九州は冬型の気圧配置に変わり、午後は西回りで強い寒気が入り、気温が急降下するでしょう。23日(火)から24日(水)は九州北部の上空1500m 付近には氷点下13度前後と今季一番の非常に強い寒気が流れ込みます。今回は西風に乗って九州へ雪雲が流れ込むため、九州の東シナ海側中心に積雪のおそれがあります。

今日22日夕方から九州の山沿いは雪が降り始める所があり、24日(水)にかけて九州は断続的に雪が降るでしょう。特に、寒気の流れ込みが強まる23日(火)午後から24日(木)朝にかけて雪が強まり、山沿いだけではなく、平野部でも積雪し大雪になるおそれがあります。

23日(火)から24日(水)を中心に、雪による見通しの悪化や、積雪や凍結により交通機関に影響が出る可能性がありますので、こまめに最新の気象情報や交通情報をご確認下さい。
また、お出かけの予定のある方は時間に余裕を持って行動し、やむを得ず車の運転をする場合はチェーンなどの滑り止めの準備をしておきましょう。

今日22日午後から気温が大幅に下がり、25日(木)朝にかけて大変厳しい寒さになりますので、体調管理にも十分ご注意下さい。また、水道管の凍結や農作物などの管理にも注意が必要です。

慣れない大雪 外出前の注意点

画像B

慣れない雪道、お出かけ前に注意していただきたいことが4つあります。

(1)時間に余裕をもって行動しましょう。歩きなれた道でも、目的地に着くまでは、普段より時間がかかることが予想されます。焦って、急ぎ足になると、転倒する危険性もあります。
(2)滑りにくい靴を用意しましょう。靴底がツルツルしたものや、ヒールの高い靴は、危険です。靴底に溝がついている運動靴や、登山用の靴などがおススメです。
(3)歩き方のポイントを覚えておきましょう。歩幅を小さくして、地面に垂直に足を踏み出し、重心はやや前において、足の裏全体を路面につけて歩きましょう。ゆっくりとペンギンのような歩き方をするのが、おススメです。万が一、滑ってしまったら、尻餅をつくように転ぶと、頭を打ちにくくなります。
(4)両手をあけておきましょう。リュックや肩掛けカバンなどを選び、可能なら、傘を持つのも避けましょう。両手を出していれば、転んだ時でも、顔や頭を守ることができます。