(C)Natsuki Yasuda / Studio AFTERMODE
(C)Natsuki Yasuda / Studio AFTERMODE
(C)Natsuki Yasuda / Studio AFTERMODE
(C)Natsuki Yasuda / Studio AFTERMODE
(C)Natsuki Yasuda / Studio AFTERMODE
(C)Natsuki Yasuda / Studio AFTERMODE
(C)Natsuki Yasuda / Studio AFTERMODE
(C)Natsuki Yasuda / Studio AFTERMODE

 カンボジアを中心に、世界各地で貧困や災害などの取材をしている、フォトジャーナリスト・安田菜津紀の写真展が、東京・小川町にあるオリンパスギャラリー東京で開催される。
 安田がカンボジアに初めて渡航したのは12年前。目まぐるしく変わり続けるもの、そして変わらず残る温かいもの。そんな光と影とが交錯し、混じり合う社会に生きる人々の姿を目にしてきた。
 「あそこにエイズの村がある」。人々が指差した先には、緑の壁。それがこの村との出会いだった。(同展に寄せた文章より)

 安田が通い続けた村は、もともとは首都プノンペンにあった集落で、開発に伴い郊外に追いやられた。その村では、HIV感染者を抱えた家族たちが生活を共にしている。HIVには、いまなお強い偏見があり、村人たちには心無い言葉が浴びせられる。ここに生まれ、この村で暮らす子どもたちはどんな大人になっていくかと、安田は当初、不安を胸にシャッターを切っていた。だが、共に過ごしていくうちに、ここにも小さな喜びや穏やかに流れる日常があることを知ったのだという。
 相手の言葉にじっくり耳をかたむけ、自然体で向き合うことが大切と安田はいう。そんな村での穏やかな息吹のひとつひとつが写真に収められている。

やすだ・なつき
1987年神奈川県生まれ。studio AFTERMODEフォトジャーナリスト。上智大学卒。16歳のとき「国境なき子どもたち」友情のレポーターとして、カンボジアで貧困にさらされる子どもたちを取材。現在、カンボジアを中心に、東南アジア、中東、アフリカ、日本国内で貧困や災害の取材を進める。東日本大震災以降は陸前高田市を中心に、被災地を記録し続けている。2012年、「HIVと共に生まれる―ウガンダのエイズ孤児たち―」で第8回名取洋之助写真賞受賞。共著に『アジア×カメラ「正解」のない旅へ』『ファインダー越しの3.11』。

■安田菜津紀写真展「君が生きるなら―HIVと、子どもたちと―」
会場:オリンパスギャラリー東京
開催期間:2015年4月9日(木)~4月15日(水)
開館:10時~18時(最終日15時まで)
休館日:日・祝
住所:東京都千代田区神田小川町1-3-1 NBF小川町ビル(旧:小川町三井ビル)1F
TEL:03-3292-1934