(写真はイメージ/Gettyimages)
(写真はイメージ/Gettyimages)

「あの人なんであんなことを言ってきたんだろう」「この仕事、ちゃんと締め切りまでに終わらなかったらどうしよう」。寝ようとするといろいろな考えが頭の中にわいてきてしまい眠れない。早く眠りたいのに、グルグル思考が止まらない人におすすめなのが、2023年6月28日に発売になった『無意識さんの力でぐっすり眠れる本』(大嶋信頼著)だ。著者はベストセラーになった『「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法』(すばる舎)など、多数の著作を持つ人気心理カウンセラーの大嶋信頼氏。最新作の『無意識さんの力でぐっすり眠れる本』では、心理学的なアプローチによって、働きすぎている意識をストップし、読むだけで眠くなるメソッドを多数紹介。「なぜか眠れた」「読み進めるごとにリラックスできる」「眠れないだけではなく、ストレスを感じている人にもおすすめ」「眠るのが楽しみになった」などの感想がすでに多数寄せられている。今回は本書の発売を記念して、著者の大嶋信頼氏にさらに「眠り」に関する質問をぶつけてみた。(構成:林えり)

眠れないのは「周りの人の気持ちを考えてしまうから」


──寝ようとしているのに、仕事のことを思い出してしまうと、あれこれ考えてしまって眠れなくなることがあります。何も考えずにすぐに眠れる人と、布団に入ってもいつまでもあれこれ考えて眠れなくなる人の差ってなんでしょうか?

大嶋信頼(以下、大嶋):そもそも「仕事のことだけ」を考えるのだったら、考えているうちに疲れて眠れるはずです。

眠れなくなるのは「周りの人の気持ちを考えてしまうから」です。

相手の気持ちを考えてしまう、というのは「相手はこんなことを思うのでは? あんなことを思うのでは?」と無限ループに入ってしまうから「眠れない!」になってしまうのです。

「寝ているうちに“無意識”に記憶の処理をまかせよう」


──たしかに、他人の気持ちを考えてしまうというのもありそうです。私が悪かったのかな、とかこう思われたらどうしようとか。

大嶋:そうですね。周りにすぐ眠れる人はいませんか?

そういう人って「他人の気持ちを考えない」から眠れる、ということもあるんです。

とはいえ、他人の気持ちを考えてしまう人に「考えないでください」と言っても難しい。

考えすぎるタイプの人は、「寝ているうちに“無意識”に記憶の処理をまかせよう」という感じに思ってもらうといいかもしれません。

──「寝ているうちに無意識に記憶の処理をまかせよう」ですか。

大嶋:はい。『無意識さんの力でぐっすり眠れる本』にも書いていますが、深い睡眠がとれているときには、無意識が働いて記憶をきちんと整理してくれるんです。

一方で、「自分でこの問題をなんとかしなきゃ!」と思いすぎると、意識が働きすぎて眠りが浅くなってしまい、眠っても記憶がうまく整理されず、ストレスで身動きがとれなくなります。

つまり、寝る前にグルグル思考が止まらなくなったら、自分で意識的に解決しようとするのではなく、「無意識にまかせたほうがうまくいく」と思って、ある意味、考える責任を放棄してしまうといいかもしれませんね。

──たしかに、気づかないうちに自分ひとりで解決しなきゃ、と思っているのかもしれません。

大嶋:「自分でなんとかしなきゃ」はかえって効率が悪いんですよ。

メールを書くとき、相手の気持ちを考えると、なかなか書き進まなかったりしませんか?

「おっくうだな~」と思うと、いつまで経ってもメールが書き終わらずダラダラ考えてしまいます。

でも、今ならいい言葉が考えつかなければ、「ChatGPTに書かせればいい!」でもいいわけです。

それと同じ要領で、「自分でなんでもやろうとせずに、無意識にまかせればいい」とすると、いい具合に緊張が抜けてグルグル思考が止まります。

頭を一瞬で空っぽにする方法とは?


──最後に、考えすぎが止まらない読者に、「頭を一瞬で空っぽにする方法」を伝授ください!

大嶋:ベタな方法ですが「呼吸を頭の中で実況中継」してみるといいです。

「吸っている、吐いている」と自分の呼吸を頭の中で実況中継してみる。

呼吸は無意識でしていることだから、その呼吸のスピードをコントロールしようとするのではなく、「実況中継する」ことで「無意識の働き」に注目することになります。

著書にくわしい説明を書いていますが、ふだん無意識のうちにやっていることに目を向けると、意識の働きすぎがストップし、無意識がうまく働いてくれて、すーっと眠りに入れるようになります。

すると、眠っている間に無意識が不快な記憶をうまく整理してくれるので、頭にたまっていたストレスが消えて、心の調子が整ってくるんです。

『無意識さんの力でぐっすり眠れる本』には、グルグル思考を止めて、安心して眠るためのメソッドをたくさん紹介しているので、ぜひ考えすぎで眠れない人に読んでもらいたいですね。