メイン画像
メイン画像

きょう9日は西日本では天気が回復して気温が上がり、大分県日田市では真夏日となりました。あす10日も東日本・西日本の日本海側や東北では真夏日の所がある予想です。熱中症に注意してお過ごしください。

西日本は天気回復 日差しが戻る

きょう(9日)は低気圧や前線が東日本を通過し、東日本の太平洋側を中心に雨の量が多くなりました。また、北日本も広い範囲で雨となりました。一方、西日本は前線が南下し、天気が回復しました。午後3時現在、九州や中国・四国、近畿の広い範囲で日差しが出ています。

気温上昇 真夏日一歩手前の暑さの所も

西日本では日差しとともに気温が上がりました。午後3時までの最高気温は大分県日田市で30.2度と、真夏日となりました。また、福岡県太宰府市では29.9度、島根県津和野町、山口県岩国市の広瀬、福岡県添田町では29.8度など真夏日一歩手前の暑さとなりました。
きのう(8日)は、西日本は一日を通して雨が降り、平年より3度~5度くらい低い最高気温でしたが、きょうはきのうより5度以上も高くなっている所が多くなっています。こまめに水分や休憩をとるなどして、熱中症にならないようお気をつけください。
また、那覇市では31.2度を観測し、今年最も高い気温となっています。

あす10日(土)も暑くなる

画像C
画像C

あす土曜日(10日)は、西日本と東日本のそれぞれ日本海側や、東北は晴れて、気温が高くなる予想です。あすの最高気温は、福島や山形で29度、福岡、鳥取、福井、盛岡で28度などとなっています。また、30度以上の真夏日となる所もあるでしょう。あすも引き続き、熱中症に注意が必要です。

西日本と東日本の太平洋側は、雨の降りやすい天気で、最高気温は25度くらいでしょう。
北海道は、朝までは雨の降る所が多く、最高気温は15度~20度くらいの予想です。