メイン画像
メイン画像

きょう9日は梅雨前線の活動が活発になっています。朝の通勤・通学の時間帯は、東海や関東を中心に雨のピークとなり、局地的に激しい雨が降りそうです。一方、西日本は次第に天気が回復して晴れて、気温が上昇するでしょう。

梅雨前線の活動が活発化

画像A
画像A

きょう9日は、梅雨前線が東シナ海から日本の東の海上へ延びています。また前線上の低気圧が、本州南岸を東北東へ進む見込みです。

梅雨前線や低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、前線の活動が活発になり、きのう8日から今朝(9日)にかけて、太平洋側の沿岸部を中心に発達した雨雲がかかり、局地的に激しく降っています。

朝の通勤・通学時 雨のピーク 局地的に非常に激しい雨

きょう9日は、太平洋側の沿岸部を中心に活発な雨雲がかかるでしょう。

特に朝の通勤・通学の時間帯は雨のピークで、近畿や東海、関東では、局地的に激しい雨が降りそうです。きょう9日からあす10日午前6時までの24時間に予想される雨の量は、多い所で、関東甲信、東海地方で80ミリです。

先日、2日から3日にかけての記録的な大雨の影響で、土砂災害の危険が高まっている所があります。少しの雨でも土砂災害に注意が必要です。また、河川の増水や氾濫、低い土地の浸水に警戒してください。落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要です。

東北南部も午前中を中心に雨が降るでしょう。東北北部や北海道は次第に雨の範囲が広がりそうです。

西日本は天気回復 気温上昇

画像C
画像C

九州、中国、四国は、雨は未明までがほとんどで、朝の通勤、通学の時間帯は雨の止んでいる所が多いでしょう。日中は天気が回復して晴れてくる見込みです。梅雨の晴れ間の強い日差しが降り注ぎ、気温がぐんぐん上がりそうです。

最高気温は、きのう8日より5℃~10℃前後高く、沖縄や九州では30℃以上の真夏日になる所もありそうです。平年並みの所が多いですが、きのう8日との気温差が大きく、急に暑くなりますので、熱中症にご注意ください。