メイン画像
メイン画像
この記事の写真をすべて見る

きょう30日の日中は、この時期としては気温の低い所が多くなりそう。ただ、東海や関東甲信など、最高気温が25℃以上の夏日が復活する所もあり、熱中症対策を心がけてください。

東海や関東甲信 気温上昇

画像A
画像A

きょう30日は、天気によって気温の傾向が変わります。

沖縄や九州南部は日差しが少ない割に、30℃近くまで気温が上がる所が多く、かなり蒸し暑く感じられるでしょう。雨が続く九州北部や四国は朝から気温はほとんど上がりません。福岡の午前6時の気温は21.4℃、最高気温は22℃の予想です。きのう29日の真夏日から一転して、体感がガラリと変わるでしょう。中国地方や近畿は22℃から23℃くらいの所が多く、きのう29日より低くなりそうです。

一方、暑さが戻るのが、東海や甲信、関東北部。日の差す時間もあって、最高気温は広く25℃以上の夏日となるでしょう。こまめに水分をとって、熱中症にならないようにしてください。関東南部もきのう29日より気温が上がり、東京都心の最高気温24℃は平年並みです。

北陸や東北は晴れ間が出て、日中は長袖シャツ一枚で過ごせる所が多いでしょう。北海道は最高気温15℃くらいの所が多く、この時期としてはヒンヤリしそうです。上着で調節をしてください。

この先の暑さは?

画像B
画像B

来週初めてにかけて極端な暑さはなく、最高気温は平年並みか平年より高い所が多い見込みです。

沖縄はあす31日以降も、最高気温が25℃以上の夏日が続くでしょう。朝晩も気温が下がりにくいため、寝苦しさを感じるかもしれません。

九州から関東は、気温が上がったり下がったりですが、25℃を超える所が多いでしょう。週末を中心に蒸し暑くなりそうです。東北は連日20℃以上での所が多く、昼間は過ごしやすいでしょう。北海道は日中でも20℃に届かない日もあり、上着が必要になりそうです。

気温と服装の目安

画像C
画像C

気温と服装の目安です。予想気温からどのような服装が適しているか提案するものです。人により暑さや寒さの感じ方が異なりますので、服装選びの参考にしてください。

きのう29日、九州北部から東海は梅雨入りしたとみられると発表がありましたが、雨の多い時期は気温の変化も大きくなります。蒸し暑い日もあれば、急にヒンヤリと感じられる日もあるでしょう。

前日との気温差や、朝晩と日中との気温差など、寒暖差で体調を崩さないように、服装でうまく調節をしてください。

暮らしとモノ班 for promotion
防犯・災害対策の準備はいかが?最大50%オフのAmazonの安全・セキュリティグッズ売れ筋ランキング