昨年8月にシリアで銃撃された女性ジャーナリスト山本美香さんは、2008年から毎年2、3回、早稲田大学大学院政治学研究科で「なぜ戦争を取材するのか」をテーマに講義をしてきた。本書は彼女の遺志を若い人に引き継ごうと、死の約3カ月前に同研究科と政治経済学部で話した内容をまとめたものだ。 03年、イラク戦争の開戦時。日本の大手メディアがバグダッドから退避する中、フリージャーナリストとして残った経験を…

続きを読む