ゲッターズ飯田さん
ゲッターズ飯田さん
この記事の写真をすべて見る

「芸能界最強占い師」として知られ、25年間で6万人以上を無償で占い続け、新刊『ゲッターズ飯田の五星三心(ごせいさんしん)占い2023』も話題のゲッターズ飯田さん。日々さまざまな人を占うなかで、「相性のいい人となかなか出会えない」という悩みを話す人が多いという。そこで今回、ゲッターズ飯田さんが考える相性のいい人と出会うために必要なことを、著書『ゲッターズ飯田の運命の人の増やし方』から一部編集して解説する。

【画像】『ゲッターズ飯田の運命の人の増やし方』はこちら

『ゲッターズ飯田の運命の人の増やし方』(朝日新聞出版)ではあなたにとって相性のいい人や、運命の人に出会うコツ、運気に合わせた行動の方法などをたくさん紹介しています。ぜひチェックしてみてください。
新刊『ゲッターズ飯田の五星三心占い2023』は全国の書店・ネット書店・セブンイレブンにて好評発売中!
>>詳しくはこちら
『ゲッターズ飯田の運命の人の増やし方』(朝日新聞出版)ではあなたにとって相性のいい人や、運命の人に出会うコツ、運気に合わせた行動の方法などをたくさん紹介しています。ぜひチェックしてみてください。 新刊『ゲッターズ飯田の五星三心占い2023』は全国の書店・ネット書店・セブンイレブンにて好評発売中! >>詳しくはこちら

■相性のいい人が見つからないタイプの特徴

「相性のいい人を見つけたいのに、なかなか出会えない」

 そう思っている人にお聞きします。いつも「自分から見て」の視点だけで探していませんか? 「いい人が全然いないんです」と言う人に限って、求めるものが多過ぎるケースがよくあります。強欲なタイプか、目的がブレやすいタイプに多いパターンです。

 恋愛をしたいのか、結婚をしたいのか。

 この目的を明確にすることは、とても大切です。「結婚したい」と言っているのに、「この人には、ときめかないから無理」では、言っていることが矛盾しています。そもそも結婚したらときめきは不要です。毎日ときめいていたら生活できません。

 また、「結婚したいのですが、運命の人といつ出会えますか?」と聞いてくる人もいますが、どんな相手がいいかを尋ねると、「何でも言うことを聞いてくれる人」「自分が望む生活をさせてくれる人」などと言います。

よくよく聞くと、どうも「恋人や結婚相手に、親を求めているのかな?」と思う人が多い。

「ありのままの自分でいられる人がいい」という表現も、言い換えれば、「わがままを許してくれる人がいい」という意味で使っている人が多そうです。

 この人たちに共通する点は、「相手から見て」という視点がすっぽり抜け落ちているところ。それじゃあ警戒されますよ。相手だって同じ人間ですから、同じように欲望があって、それをかなえたいと思っているのですから。

著者プロフィールを見る
ゲッターズ飯田

ゲッターズ飯田

これまで7万人を超える人を無償で占い続け、20年以上占ってきた実績をもとに「五星三心占い」を編み出し、芸能界最強の占い師としてテレビなど各メディアに数多く登場する。『ゲッターズ飯田の五星三心占い』は、シリーズ累計1000万部を超えている(2023年9月現在)。6年連続100万部を出版し、2021、22年は年間BOOKランキング作家別1位(オリコン調べ)と、2年連続、日本で一番売れている作家。

ゲッターズ飯田の記事一覧はこちら
暮らしとモノ班 for promotion
7/14更新:今年のAmazonプライムデーでバスケットボール選手・八村塁さんが狙うアイテムは?
次のページ
「相手から見て」の視点で実験してみる