九州では上空に乾いた空気が流れ込み、湿度が下がっています。人吉(熊本県)では15時15分に湿度が3パーセントまで下がり、これまでの1位記録を更新しました。

熊本地方気象台によると朝は濃霧注意報が出ているくらいの状況でした。9時の湿度は100パーセントでしたが、日中は急速に湿度が下がり、12時59パーセント、15時に19パーセント、15時15分にはこれまでの1位記録(2005年4月17日4パーセント)を更新する3パーセントまで低下しています。熊本県内では、このほか阿蘇山で8パーセントまで下がっています。