この記事の写真をすべて見る

 ryuchellりゅうちぇる)さんとpecoぺこ)さんが8月25日、夫婦関係を解消し、今後は「人生のパートナーとして暮らしていく」ことをそれぞれのインスタグラムで発表した。二人は2016年に結婚し、いまは4歳になる息子がいる。

【写真】peco・ryuchell・息子くんの3ショットはこちら

 夫婦関係を解消した背景として、りゅうちぇるさんは「8年前にてこ(ぺこ)と出逢い、女性を好きになることは、初めての事でした」とする一方で、「“夫”らしく生きていかないといけないと自分に対して強く思ってしまっていた」「“本当の自分”と、“本当の自分を隠すryuchell”との間に、少しずつ溝ができてしまった」などと告白した。

 SNS上では「りゅうちぇるさんはとてもつらかったと思う」「受け入れたぺこさんは偉い」などと二人の決断を受け入れるコメントも出たが、「りゅうちぇるのわがままじゃないか」「他に好きな人ができたということでは」などという声もあった。

 いったい二人の間に何があったのか、ぺこさんはどう受け止めたのか、そして4歳の息子にはどう接したのか。りゅうちぇるとぺこがAERAdot.のインタビューに思いを語った。

*  *  *

――発表後、様々な反応がありました。現在の心境を教えてください。

ぺこ 皆さんから励ましの声をたくさんもらい、背中を押してもらった感じです。発表するまでは一人で抱え込んでいた部分もあったので、発表後に皆さんから私の気持ちに寄り添ってくれるようなコメントをもらえて、前向きになれました。

りゅう 色んな意見をもらいました。覚悟はしていましたが、やはりけっこう落ち込みます。僕たちが選んだ家族の形が、社会の中にある幸せのイメージとかけ離れている面があったから、様々な意見が出ているんだなと感じています。

 ただ、僕たちがインスタで公表した文書を読んで、「何回も読んで理解できた」という方がいたり、「二人でしっかりと話し合ってきた結果だと伝わった」という方もいました。ファンの方からの手紙では「応援している人は静かなことが多いので、書きました」というのもありました。

著者プロフィールを見る
吉崎洋夫

吉崎洋夫

1984年生まれ、東京都出身。早稲田大学院社会科学研究科修士課程修了。シンクタンク系のNPO法人を経て『週刊朝日』編集部に。2021年から『AERA dot.』記者として、政治・政策を中心に経済分野、事件・事故、自然災害など幅広いジャンルを取材している。

吉崎洋夫の記事一覧はこちら
次のページ
「てこ(ぺこ)から『いつもと違う』『おかしい』とすごく言われて」