コミケ大好き70歳大御所漫画家 代表作ドラマ化で出演も、悩み事が…

dot.
 今年画業50周年を迎えたみなもと太郎先生。70歳を迎えた今も歴史マンガ『風雲児たち』の連載を抱え、マンガ研究家としても幅広く活躍している。2018年元旦には、みなもと先生の大ファンで「新撰組!」や「真田丸」も影響を受けたという三谷幸喜氏脚本で、NHK正月時代劇「風雲児たち~蘭学革命篇~」が放映される。ドラマへの出演も果たしたみなもと先生にマンガへの思いについて伺った。

*  *  *
――『風雲児たち』のドラマ化おめでとうございます。キャストに片岡愛之助さん、新納慎也さん、山本耕史さん、草刈正雄さんなど豪華俳優陣が名を連ねる中、寛三という役柄で出演されたとのこと、緊張しましたか?

 10代の頃に京都の撮影所で仕出しのバイトをしていたので、昔取った杵柄で平然とやったつもりです。年をとると厚かましくなるんだなと実感しましたね(笑)。52年ぶりに羽二重(かつらを被る前に頭に巻く布)を付けました。

 子どもの頃から私のマンガを読んでくれていたという三谷幸喜さんの脚本ということで、大変楽しみです。

――37年以上連載している『風雲児たち』は、歴史マンガでありながらギャグが満載で、常に読者目線という姿勢がぶれないですね。

 感動させようとか、歴史を教えてやろうみたいなのは嫌いなんです。『風雲児たち』を描く前は全然歴史に詳しくなかったので、自分が驚いたことや面白かったことを泥縄式にすぐ描いてきました。自分が本当に感動したときに、それをそのまま出して共有したい。これまで付き合ってきてくれた読者のことは、もう同志のように思っていますね。

――みなもと先生は「マンガはパクリの文化である」ということを仰っています。

 ありとあらゆるものは、何かの影響を受けなければ出てきません。お互いに影響しあってその時代のにおいや画風が出来上がるわけで、それは動かしようがない事実です。ピカソは「凡人は模倣し、天才は盗む」という言葉を残していますが、音楽でも科学でもみんな先人の恩恵を浴びていることを忘れてはいけません。

 尊敬の念がないけしからんパクリはもちろん許せないです。ただ、パクリという言葉の糾弾を恐れて、影響を受けた作品すら「受けていない」と言わざるを得ない今の風潮は改めないといけないですね。

――マンガ研究家として、今のマンガ文化についてどのように感じられていますか?

 熊本県は今年、「合志マンガミュージアム」という立派な美術館をオープンしましたが、こうした動きがもっと広がってほしいです。昭和28年に「少女クラブ」で手塚治虫の『リボンの騎士』が始まると、突然他のマンガが一気に色あせて古臭いものに見えたんです。それまでの少女マンガもとても面白く読んでいたのに、他のマンガとあまりに格差がある手塚治虫の出現という衝撃、それは単行本で読んでもわからないんですね。雑誌で読んで初めて、その時代の空気が読めるんです。

 しかし貴重な雑誌のコレクターの方たちが亡くなってしまうと、こうしたお宝が散逸してしまう。レアものの浮世絵を見たかったら海外に行かなくてはいけないというようなことは、もう繰り返してはいけません。

――コミックマーケットへの参加や、「まどかマギカ」や「艦これ」などのパロディをマンガに取り入れるなど、新しい取り組みも話題になっています。そのマンガへの飽くなき情熱は、生まれ持ってのものなのでしょうか?

 振り返ってみるとそうかもしれない。2歳の頃にはマンガに触れて夢中で絵を描いていたから、ほぼ70年ずっとマンガにはまりっぱなしですね。他のものが見えないんです。

 毎月100ページはこなしていたんですが、50歳になって徹夜がきかなくなって、このままやっていたら死ぬなと思って毎月30ページの『風雲児たち』1本に絞ったんです。空いた時間に何をしようかと思っていたんですが、やっぱりマンガしかなかった(笑)

 コミケに首を突っ込んだり、マンガ研究をやり始めたりしたら、ものすごく忙しくなっちゃって。マンガ賞の審査員としてマンガを何百冊と読むのは今の流れをある程度つかめるのでありがたいんですが、イベント事も増えて時間がなくなってしまい……ほんとはこの冬コミに何か出さなきゃいけないのに!(笑)

※真田太平記 2018年1月15日号(週刊朝日増刊)より
サイトで見る