くら寿司がシャリの代わりに使うのは…大手チェーンの低糖質メニューがここまで来た

AERA
 低糖質ダイエット中の外食といえばステーキ屋で「ごはんいりません」、バーガー屋で「ナゲット山盛り」の時代は終わった。大手チェーンの低糖質メニューがここまで進化している。

【写真特集】大手チェーンの低糖質メニュー一覧はこちら

*  *  *
 神奈川県在住、最近下っ腹の贅肉が気になり始めた会社員男性(37)。彼のお気に入りランチは、勤務先の敷地内にある牛丼チェーン、すき家の「牛丼ライト」である。

「お肉は大盛りで。社食は米ありき、麺ありきのメニューばかりなので“逃げ道”がなかったんですけど、これならおなかいっぱいになるのでお気に入り。お肉大盛りにする分、高くつきますけど(笑)」

 ランチだけ糖質制限を行い、大好きなビールを低糖質のハイボールにしたら、1カ月で楽に3キロ痩せたという。かつての定番だったカロリー制限ダイエットと比べると圧倒的に“つらくない”のが低糖質ダイエットの魅力といえるだろう。

「糖質は、抜きすぎるのもよくありません。1食20~40グラム、おやつは10グラム以下、1日で70~130グラムに抑えれば大丈夫です。肉や魚などのたんぱく質や、油も好きなだけどうぞ」

 と語るのは、北里大学北里研究所病院糖尿病センター長の山田悟さんだ。実はこのお方、低糖質(ローカーボ)をロカボとネーミングして登録商標にした、ロカボの生みの親。おいしく楽しく食べて糖尿病治療になる食事療法を探し始めたのは2002年のことだという。

「きっかけは、私の糖尿病患者さんが喜寿の祝いを開いてもらった日におっしゃった一言でした。『家族はみんなフルコースを食べてるのに、私だけ鳥のエサみたいなワンプレートのカロリー制限食だったんだよ』。なぜ糖尿病だからといっておいしいものを食べられないんだ? いつもおなかを空かせていなければいけないんだ? 涙ながらに語る寂しそうな顔を見ていて医者としてどうにかしたい、と」(山田さん)

 現代人は糖質の取りすぎでさまざまな生活習慣病を引き起こしており、メタボ予備軍・糖尿病が急増していることが最近の理解だ。08年に「DIRECT試験」という試験で、糖質制限食がカロリー制限食よりも血糖管理や高脂血症を改善できると発表されていた。以前言われていたカロリーの取りすぎが原因で生活習慣病が起こるという概念は誤りだったのだ。

 ただ、当時、低糖質メニューは自炊で作るしかなかった。糖質控えめの菓子やパン、麺などを大手食品メーカーが作ってくれたら、生活習慣病が減るかもしれない。食品メーカーも売り上げが増えて喜ぶだろう。体重や健康を気にする消費者も低糖質でおいしいものが気軽に食べられてうれしい。一石三鳥!


 これが、山田さんら有志で「ロカボマーク」を管理する食・楽・健康協会を立ち上げた理由だ。13年に設立した協会の思いに賛同するメーカーは6年で78社に。

 この協会に加入していない大手チェーンも、世の中の健康・ダイエットニーズに応えて次々と低糖質メニューを販売しはじめた。低糖質ダイエッターの外食といえば「定食屋でのごはん抜き」など、切ない気持ちになる方法しかなかったが、今は違う!

 米部門では、米の一部をひき肉にして糖質を抑えた大阪王将のチャーハンが普通に旨そう。シャリの代わりに大根の酢漬けを使った無添くら寿司は衝撃的。カリフラワーを細かく刻んでライスの量を30グラムまで激減させたカレーハウスCoCo壱番屋の“手間”に脱帽。米を豆腐に置き換えたすき家は安定感たっぷり。

 パン部門では、バンズをレタスにしたモスバーガーの菜摘シリーズや、低糖質バンズに変更可能なフレッシュネスバーガーが定番だ。ファーストキッチンに至っては野菜をハンバーグのパティで挟むという逆転の発想。

 麺、ファミレスのチェーンもがんばっている。こんにゃく入りの麺で大幅に糖質をカットしたタイプ(麺屋武一、ジョナサン)、麺のかわりになめらか豆腐をドカンと投入した一風堂。野郎ラーメンは山盛り野菜で丼を埋め尽くした麺抜きバージョン。そそり立つ焼き豚は全部食べてよし、背脂もマシマシでどうぞ。壱角家は麺を使用しない低糖質メニューとしてわざわざ開発された商品で、家系スープとシャキシャキ野菜の相性が抜群だ。また通販の超低糖質パン、米、麺を常備しておくと自炊でもおなかいっぱい食べられて幸せ。

「先に野菜やたんぱく質を食べて、後から糖質という順番にすると、より血糖値が上がりにくくなります。『パルスイート』『シュガーカット』『ラカントS』『ステビアヘルス』などの甘味料も大いに活用してください。糖質を抑えつつ油も控えめにと提唱する専門家がいますが、油はエネルギー消費の源。制限しなくて大丈夫です」(山田さん)

 ちなみに鶏のから揚げはロカボ的にかなり高得点。ムネ肉じゃなくてモモ肉でOKだそう。え、モモでいいんですか! なんだか元気が出てきたぞ。(ジャーナリスト・伊藤忍、編集部・中島晶子)

※AERA 2019年5月13日号

サイトで見る