近畿大ツイッター“中の人”が語る「おはようございマグロ」の効果 見てもらって「なんぼ」戦略 (1/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

近畿大ツイッター“中の人”が語る「おはようございマグロ」の効果 見てもらって「なんぼ」戦略

羽根田真智AERA#大学#大学ランキング
※「大学ランキング 2022」から。2021年3月25日時点。各大学が広報目的で運用しているもっとも代表的な1アカウントについて集計(AERA7月12日号から)

※「大学ランキング 2022」から。2021年3月25日時点。各大学が広報目的で運用しているもっとも代表的な1アカウントについて集計(AERA7月12日号から)

 距離を空けなきゃならないコロナ禍でも、学生や保護者との距離は詰めたい――そんな今こそ大学側に求められるのは、耳目を集める「自己発信力」だ。AERA 2021年7月12日号では大学のSNS利用について特集。ツイッター公式アカウント開設が最も早かった大学の意外な活用法などを取材した。

【ツイート、視聴回数が多い…TwitterやYouTubeでの大学ランキング、続きはこちら!】

*  *  *
 まさか漫画がきっかけで、自分の進路まで影響するとは考えてもいなかった。

 大阪府在住の私立高校2年生の女性は、大の漫画好き。進学先を決める上で最近気になったのが、近畿大学のオウンドメディア「Kindai Picks(キンダイピックス)」にアップされていたコラム「令和の大学生にも刺さる? 今こそオススメしたい昭和の名作恋愛マンガたち」だった。

 同大教職教育部の講師が登場し、昭和の恋愛漫画が今でも人気の理由を解説。「漫画=学問」という認識がなかったが、講師のプロフィル欄の「日本近代文学や映画、マンガ、アニメ等を対象として教育社会学の観点から研究を行う」という文章に興味を抱いた。大学で何を学ぶか、漠然とした考えしかなかったが、漫画を足掛かりにした勉強ができるならやってみたいと考えている。

■おはようございマグロ

 大学の広報活動において欠かせないのが、ツイッターやフェイスブック、インスタグラムといったSNS、ユーチューブ、そして大学が保有し情報発信を行うオウンドメディアだ。

 大学、高校と連携しながら高校生の進路開発などに取り組む高大共創コーディネーターの倉部史記さんは、その影響力たるや「いまや高校生にとって、SNSやユーチューブはテレビ以上の存在。志望校の公式SNSやユーチューブはチェックしている」と話すほどだ。

「とことん面白くが近大らしさ」と話すのは、冒頭の「Kindai Picks」などを担当する近畿大学広報室の村尾友寛さん。同大は8年連続志願者数1位の人気を誇る。SNSやユーチューブでの公式アカウントのファンも多い。


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい