隅田川で最後まで残った57年前「佃島」の渡し船 知られざるその船内の光景とは? (1/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

隅田川で最後まで残った57年前「佃島」の渡し船 知られざるその船内の光景とは?

連載「路面電車がみつめた50年前のTOKYO」

諸河久AERA#AERAオンライン限定#鉄道
隅田川を横断して、対岸の佃島渡船場に向かう佃島渡船。二艘目が無動力の客船で、後部に総舵手が乗り組んでいた。背景の佃島右側奥に銭湯(日の出湯)の煙突が見える。(撮影/諸河久:1964年8月24日)

隅田川を横断して、対岸の佃島渡船場に向かう佃島渡船。二艘目が無動力の客船で、後部に総舵手が乗り組んでいた。背景の佃島右側奥に銭湯(日の出湯)の煙突が見える。(撮影/諸河久:1964年8月24日)

 1960年代、都民の足であった「都電」を撮り続けた鉄道写真家の諸河久さんに、貴重な写真とともに当時を振り返ってもらう連載「路面電車がみつめた50年前のTOKYO」。今回は、隅田川最後の渡し船となった「佃島渡船」(つくだじまわたしぶね)と月島の都電を回顧した。

【渡し船の船内の様子は? 知られざる当時の貴重な写真はこちら】

*  *  *
 幸いなことに長く続いているこの連載。ネット世代の若い人たちに、かつての東京の光景を知っていただきたくスタートしたが、皆さんからいただく反応を見ていると、ご年配と思しき方のコメントも多い。往時を振り返っていただくのは、この上なく嬉しいことだ。

 そんな読者の皆さんの中に、隅田川の渡し船に実際に乗ったことがあるという人は、どれくらいいるだろうか。
 
 筆者の少年時代は、地下鉄網が未発達だった。それゆえ居住する新富町(現・新富)から月島方面への交通手段は、都電で勝鬨橋や永代橋を渡るコースの他に、徒歩で隅田川畔の湊町(現・湊)に赴き、佃の渡しとして知られた「佃島渡船」に乗船して対岸の佃島経由で月島に行くコースが選択できた。

 新富町から都電を使う場合は、勝鬨橋、永代橋のいずれの経由も乗換を必要としたため、年少者には料金が無料の佃島渡船は魅力的な存在だった。歩行者ばかりではなく、自転車利用者の乗船も可能で、晴海、豊洲、東雲方面への遠出に佃島渡船は必須の交通機関だった。

 冒頭の写真を見ていただきたい。

 湊町渡船場から佃島に向けて隅田川を横断する佃島渡船だ。曳船は石炭炊きの蒸気動力で、煙突には東京都の都章が掲げられていた。無動力の客船の後方に総舵手が乗務した。佃島渡船場は画面右側に位置し、背景には戦災を免れた佃島の家並と住吉神社の鳥居が写っている。

 佃島渡船場から少し東に位置する清澄通りには、都電月島線の新佃島停留所が所在し、ここからは門前仲町や押上方面を結ぶ23系統(福神橋~月島)が頻繁に運転されていた。

■佃大橋の架橋で消えた佃島渡船

 次のカットは乗船客で賑わう佃渡船の船内の一コマ。客室への出入口は四か所あり、座席定員24名のボックスシートを配置していた。客室妻面に非常用の救命胴衣が収納されていた。対岸まで10分程度の乗船だから客室に暖房装置はなく、冬季には扉を閉めて寒風を防いだ。夏季は蒸し暑い船室には入らず、デッキに乗船して涼をとっていた。


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい