2022年は映画5本、ドラマ4本に出演の岸井ゆきの 名だたる監督が起用する表現力のすごさ

AERA「現代の肖像」

現代の肖像

2023/01/08 18:00

 俳優、岸井ゆきの。あの日の山手線で、運命の扉が開いた。17歳でこの世界に飛び込み、何年も“大勢のうちのひとり”を演じてきた。オーディションに落ち続けても、演じることを手放さなかった。そして2022年だけで映画5本、ドラマ4本に出演。かわいくて、ちょっと不機嫌そうで、どこにでもいそうで、ときに痛々しいほどにリアル。そんな佇まいがいま、時代に求められている。

あわせて読みたい

  • 「岸井ゆきの」が“クセ強すぎる”のに重宝されるのは圧倒的な「本物感」

    「岸井ゆきの」が“クセ強すぎる”のに重宝されるのは圧倒的な「本物感」

    dot.

    10/11

    Snow Manの宮舘涼太が表紙とインタビューに登場 「等身大の仕事哲学」を語る/AERA12月26日発売年末年始合併号

    Snow Manの宮舘涼太が表紙とインタビューに登場 「等身大の仕事哲学」を語る/AERA12月26日発売年末年始合併号

    12/23

  • 鈴木亮平 NHK大河ドラマは「“芝居”を超えた体験」その理由

    鈴木亮平 NHK大河ドラマは「“芝居”を超えた体験」その理由

    週刊朝日

    8/24

    桜井ユキ「真犯人フラグ」の怪演が話題 デビュー10年「実在の事件の中の人物を演じたい」

    桜井ユキ「真犯人フラグ」の怪演が話題 デビュー10年「実在の事件の中の人物を演じたい」

    dot.

    12/26

  • 鈴木杏が一人芝居に挑戦 舞台「殺意」に感じたコロナ時代との共通点

    鈴木杏が一人芝居に挑戦 舞台「殺意」に感じたコロナ時代との共通点

    週刊朝日

    7/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す