舞台は中絶が違法だった時代のフランス 思わぬ妊娠で壮絶な経験をした作者の自伝的小説を映画化

シネマ×SDGs

2022/12/04 07:00

 1960年代、中絶が違法だった時代のフランス。優秀な大学生アンヌ(アナマリア・ヴァルトロメイ)は思わぬ妊娠をする。医師に「堕胎に加担したら刑務所行きだ」と拒絶され、自力でなんとかしようとするが──。連載「シネマ×SDGs」の30回目は、今年のノーベル文学賞を受賞したアニー・エルノーの自伝的小説を映像化した「あのこと」のオードレイ・ディヴァン監督に話を聞いた。

あわせて読みたい

  • “中絶禁止”時代の仏で望まぬ妊娠 映画「あのこと」主演女優にインタビュー

    “中絶禁止”時代の仏で望まぬ妊娠 映画「あのこと」主演女優にインタビュー

    週刊朝日

    12/1

    今年のノーベル文学賞受賞者が描く 妊娠中絶が違法だった時代の「事件」

    今年のノーベル文学賞受賞者が描く 妊娠中絶が違法だった時代の「事件」

    週刊朝日

    11/15

  • 「多くの作品を生み出しながら子育てができる? 私はやってみたいと思うけど」 監督自身の人生を反映した映画

    「多くの作品を生み出しながら子育てができる? 私はやってみたいと思うけど」 監督自身の人生を反映した映画

    AERA

    5/15

    13歳の少年が囚われた過激な正義とは?カンヌ映画祭を席巻した問題作

    13歳の少年が囚われた過激な正義とは?カンヌ映画祭を席巻した問題作

    週刊朝日

    5/25

  • カンヌ男優賞俳優、ペネロペ・クルスと夫婦共演「家族の秘密」めぐるサスペンス

    カンヌ男優賞俳優、ペネロペ・クルスと夫婦共演「家族の秘密」めぐるサスペンス

    AERA

    6/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す