辻村深月×加藤シゲアキ 作品の文庫化は「いよいよ手を離れる緊張感がある」

2022/11/26 12:00

 著作『傲慢と善良』、『できることならスティードで』がそれぞれ文庫化した辻村深月さんと加藤シゲアキさん。作品の魅力と文庫ならではの楽しみを語り合った。AERA2022年11月28日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 辻村深月が描く“現代婚活” 結婚したくてもできない理由って?

    辻村深月が描く“現代婚活” 結婚したくてもできない理由って?

    週刊朝日

    3/29

    結婚して幸せな女性作家はいいものが書けない? 辻村深月「最初は怖かった」

    結婚して幸せな女性作家はいいものが書けない? 辻村深月「最初は怖かった」

    週刊朝日

    7/1

  • 河瀬直美が新作映画で描く家族のかたち 血のつながりより一緒に暮らすことで「家族になる」

    河瀬直美が新作映画で描く家族のかたち 血のつながりより一緒に暮らすことで「家族になる」

    AERA

    10/19

    加藤シゲアキ 「ジャニーズが書いた」と言われ続け…受賞に感慨

    加藤シゲアキ 「ジャニーズが書いた」と言われ続け…受賞に感慨

    週刊朝日

    6/19

  • 加藤シゲアキ「デビュー後、初めてほめられたのが文章だった」

    加藤シゲアキ「デビュー後、初めてほめられたのが文章だった」

    週刊朝日

    6/19

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す