東京から長野に子連れ移住 都会になくて地方にある“子育てがラクになる「ま、いっか」の精神”

帰国ママのバイリンガル子育て奮闘記

AERAオンライン限定

2022/11/22 07:00

 第三子が生まれて8カ月経った春の初め、我が家は東京都杉並区から長野県松本市へ引っ越してきました。引っ越しの理由をひと言で表すと、「子どもをのびのび育てたいから」に尽きます。東京にも楽しいことは色々ありましたが、夫婦ともに地方育ち、特に実家が長野にある私にとっては、長野で子どもを育てるほうがずっと自然なことに思えたのです。

あわせて読みたい

  • 「すみません」連発の日本の子育てに疑問 よちよち歩きの子どもが道をまっすぐ歩けるだけで奇跡
    筆者の顔写真

    大井美紗子

    「すみません」連発の日本の子育てに疑問 よちよち歩きの子どもが道をまっすぐ歩けるだけで奇跡

    AERA

    5/11

    日本のレストランはなぜ子連れに優しくない? アメリカ・シアトルと比べて見えるひとつの理由
    筆者の顔写真

    大井美紗子

    日本のレストランはなぜ子連れに優しくない? アメリカ・シアトルと比べて見えるひとつの理由

    AERA

    10/19

  • 北海道に「子連れワーケーション」を実現した人も 自治体は“関係人口”創出に期待

    北海道に「子連れワーケーション」を実現した人も 自治体は“関係人口”創出に期待

    AERA

    10/1

    【のびのび子育て】 ママの毎日が楽になるやわらかい子育て

    【のびのび子育て】 ママの毎日が楽になるやわらかい子育て

    5/8

  • 「ネグレクトなんてしていない」 子どもを“連れ去った”夫の主張に妻が真っ向から反論

    「ネグレクトなんてしていない」 子どもを“連れ去った”夫の主張に妻が真っ向から反論

    dot.

    8/9

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す