性被害あってもすぐに認識できず「平均で約7年」 警察に相談せず埋もれるケースも

2022/11/17 11:00

 令和になっても、セクハラや性暴力は依然あちこちにはびこっている。もし被害に遭っても、警察に相談する人は少ないという。なぜ、性被害は埋もれてしまうのか。AERA 2022年11月21日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • なぜ性被害女性を責めるのか? 背景に「女性はこうあるべき」強固な性別役割の構造

    なぜ性被害女性を責めるのか? 背景に「女性はこうあるべき」強固な性別役割の構造

    AERA

    9/15

    性犯罪「二次加害」はネットだけじゃない 何気ない言葉が被害者を追い詰めることも

    性犯罪「二次加害」はネットだけじゃない 何気ない言葉が被害者を追い詰めることも

    AERA

    9/14

  • 「性被害者は笑わない」発言は全性被害者への侮辱だ

    「性被害者は笑わない」発言は全性被害者への侮辱だ

    AERA

    1/7

    泥水飲まされたような不快感…続く性暴力の悪夢、性的自傷に走る被害者も 「その後」も続く性被害者の苦しみ

    泥水飲まされたような不快感…続く性暴力の悪夢、性的自傷に走る被害者も 「その後」も続く性被害者の苦しみ

    AERA

    3/26

  • 「加害していないときのお父さんは好き」 父親の無罪確定でも女の子の証言はリアルだ
    筆者の顔写真

    北原みのり

    「加害していないときのお父さんは好き」 父親の無罪確定でも女の子の証言はリアルだ

    dot.

    4/7

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す