終末期では間に合わないことも 緩和ケアは「患者がどの段階から受けるか選べる」が大事

ヘルス

2022/11/07 18:00

 緩和ケアとは、重い病気を抱える患者・家族が直面するさまざまなつらさを軽減し、自分らしい生活を送れるように支える医療。その時期を選べることもまた重要だという。腫瘍内科・緩和ケア内科医の西智弘さんに、ケアの取り組みを聞いた。AERA 2022年11月7日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 「緩和ケアって末期がんの治療なの?」 医師が指摘する患者が誤解しやすいがん用語

    「緩和ケアって末期がんの治療なの?」 医師が指摘する患者が誤解しやすいがん用語

    週刊朝日

    8/9

    ネットの「怪しい医療情報」に騙されない! チェックするべき3つのポイント

    ネットの「怪しい医療情報」に騙されない! チェックするべき3つのポイント

    dot.

    5/6

  • なぜ「がん難民」は生まれる? 医師が指摘する2つの理由

    なぜ「がん難民」は生まれる? 医師が指摘する2つの理由

    AERA

    9/13

    「ステージ4」抗がん剤治療をやめた患者に「ケアの空白」 終末期の手前を埋める必要性

    「ステージ4」抗がん剤治療をやめた患者に「ケアの空白」 終末期の手前を埋める必要性

    AERA

    11/6

  • 医師に「有効な治療法はない」と言われた… 誤解してほしくないその言葉の真意とは?

    医師に「有効な治療法はない」と言われた… 誤解してほしくないその言葉の真意とは?

    週刊朝日

    8/10

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す