家事・育児「妻の負担」を軽減するには? 育休を「手伝う」ではなく「協業」の期間に

2022/10/28 11:00

 便利家電や宅配サービスの充実、男性育休の整備──。育児をしながらも仕事を続けられる環境は整いつつある。なのに、女性の負担がさらに大きくなっているのはなぜなのか。家事・育児を「手伝う」ではなく、「協業」し、負担を分け合うにはどうしたらいいのか。AERA 2022年10月31日号の特集「仕事と子育ての両立」の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 共働きなのに「ワンオペ育児」の現実 40代女性が感じた「妻が家事育児をやる」価値観

    共働きなのに「ワンオペ育児」の現実 40代女性が感じた「妻が家事育児をやる」価値観

    AERA

    10/27

    コロナ禍の育休復帰は「整理、分担、頼る」で夫婦“協業体制”を 「育休中に話し合いを」と専門家

    コロナ禍の育休復帰は「整理、分担、頼る」で夫婦“協業体制”を 「育休中に話し合いを」と専門家

    AERA

    11/21

  • 男性育休率100%の中小企業 「休めない空気」を打破した社長のメッセージとは?

    男性育休率100%の中小企業 「休めない空気」を打破した社長のメッセージとは?

    dot.

    11/3

    京大の男性准教授が育休を取って知った“後悔”とは
    筆者の顔写真

    柴田悠

    京大の男性准教授が育休を取って知った“後悔”とは

    dot.

    10/2

  • 育休は経営に効く? “ワンオペ育児”経験した企業トップが語るその効能

    育休は経営に効く? “ワンオペ育児”経験した企業トップが語るその効能

    AERA

    1/30

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す