体制は「暴動」「暴徒」と決めつけ 女性1人に20人の警察らが取り囲む

2022/10/26 17:00

 ヒジャブと呼ばれるスカーフのつけ方を巡り、イランで若い女性の死亡から1カ月が過ぎた今でも、抗議活動が収まる気配はない。イラン国内では体制と市民との対立が明らかになり、緊張が続いている。AERA 2022年10月31日号から。

あわせて読みたい

  • イラン抗議デモ「いま立ち上がらないと未来はない」 22歳女性が語った真意

    イラン抗議デモ「いま立ち上がらないと未来はない」 22歳女性が語った真意

    AERA

    10/25

    「独裁者に死を」タブー破ってデモ頻発 イランに起きた異変とは?

    「独裁者に死を」タブー破ってデモ頻発 イランに起きた異変とは?

    AERA

    1/23

  • 日本政府の現地対策本部 なぜトルコでなくヨルダンなのか

    日本政府の現地対策本部 なぜトルコでなくヨルダンなのか

    週刊朝日

    2/4

    中国の武力介入構えだけ? 香港大規模デモ勢い衰えず、空港にまで拡大

    中国の武力介入構えだけ? 香港大規模デモ勢い衰えず、空港にまで拡大

    AERA

    8/27

  • トランプに「NO!」突きつけた勇気あるイラン人女優

    トランプに「NO!」突きつけた勇気あるイラン人女優

    AERA

    7/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す