石川・珠洲市の群発地震と「流体」の関係 M7クラスが起きる可能性は

地震

2022/06/28 08:00

 石川県珠洲市で6月19日、最大震度6弱の地震があった。この地域では約1年半前から 地震活動が活発化していた。その翌日に起きた北海道の宗谷地方は、活断層の影響が考えられる。いずれも警戒が必要だ。AERA 2022年7月4日号の記事から。

あわせて読みたい

  • 大地震を正しく恐れる 114の「主要活断層」と揺れやすさを示す「地盤増幅率」とは

    大地震を正しく恐れる 114の「主要活断層」と揺れやすさを示す「地盤増幅率」とは

    AERA

    6/29

    大阪北部地震は南海トラフ地震の前兆?直下型地震増加のワケ

    大阪北部地震は南海トラフ地震の前兆?直下型地震増加のワケ

    AERA

    6/26

  • 「危ないのは活断層」は間違い 内陸ではどこでも震度7の可能性が…

    「危ないのは活断層」は間違い 内陸ではどこでも震度7の可能性が…

    AERA

    9/19

    熊本地震ではなぜ激震が2度もあったのか? 複雑な現象とは

    熊本地震ではなぜ激震が2度もあったのか? 複雑な現象とは

    dot.

    10/14

  • やはり南海トラフ地震の前触れ? 日本の地震予測が当たらないワケ

    やはり南海トラフ地震の前触れ? 日本の地震予測が当たらないワケ

    週刊朝日

    6/27

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す