職場で増える「いじめ」と「いじり」で傷つく人たち ストレスのはけ口が同僚や部下に

2022/06/12 08:00

 いじりで同僚や部下が笑ったとしても、心の中では傷ついている人が多い。全国の労働局に寄せられる「いじめ・嫌がらせ」の相談も急増中だ。AERA 2022年6月13日号の記事から紹介する。

あわせて読みたい

  • 平手打ちはNG?怒声はOK? 裁判では認定されにくいパワハラ

    平手打ちはNG?怒声はOK? 裁判では認定されにくいパワハラ

    AERA

    2/11

    「いじめ」「いじり」も不快ならパワハラ被害 会社に頼るより「社外の専門家」に相談を

    「いじめ」「いじり」も不快ならパワハラ被害 会社に頼るより「社外の専門家」に相談を

    AERA

    6/13

  • 「これ」をやるとパワハラになる 指導・叱責とハラスメントの境界線

    「これ」をやるとパワハラになる 指導・叱責とハラスメントの境界線

    ダイヤモンド・オンライン

    5/23

    青木さやか、いじる人に「嫌」言いにくい 和田秀樹「伝えたほうがいい」断言する理由

    青木さやか、いじる人に「嫌」言いにくい 和田秀樹「伝えたほうがいい」断言する理由

    AERA

    6/11

  • 大人のいじめは“いじり”から深刻化…周囲ができる4つの対処法

    大人のいじめは“いじり”から深刻化…周囲ができる4つの対処法

    AERA

    11/5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す