内田樹「卓越した知性は怒りの感情を動員しなくても人を説き伏せられる」

eyes 内田樹

内田樹

2022/06/08 07:00

 哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。

あわせて読みたい

  • 内田樹「今のテレビには冒険心も悪戯心も批評性もない」
    筆者の顔写真

    内田樹

    内田樹「今のテレビには冒険心も悪戯心も批評性もない」

    AERA

    12/19

    内田樹「政治家の『屈辱感を与えて鼻先で冷笑する話法』は誰も幸福にしない」
    筆者の顔写真

    内田樹

    内田樹「政治家の『屈辱感を与えて鼻先で冷笑する話法』は誰も幸福にしない」

    AERA

    9/9

  • 内田樹「政権は詳細な説明を忌避し、話のつじつまを合わせる努力さえ惜しんでいる」
    筆者の顔写真

    内田樹

    内田樹「政権は詳細な説明を忌避し、話のつじつまを合わせる努力さえ惜しんでいる」

    AERA

    3/29

    内田樹「以前にもあった『たいへんな時代』のおかげで現状に絶望せずに済んでいる」
    筆者の顔写真

    内田樹

    内田樹「以前にもあった『たいへんな時代』のおかげで現状に絶望せずに済んでいる」

    AERA

    4/28

  • 内田樹「仏さまに喩えられる作家は橋本治さんのほかいないだろう」
    筆者の顔写真

    内田樹

    内田樹「仏さまに喩えられる作家は橋本治さんのほかいないだろう」

    AERA

    2/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す