「仲間として受け入れる」 伊藤健太郎主演の映画に脚本・監督の阪本順治が込めた思い

2022/06/06 11:00

 一時、活動を自粛していた俳優の伊藤健太郎が2年ぶりに映画に出演する。6月3日に公開となる映画「冬薔薇(ふゆそうび)」について、阪本順治監督にオリジナル脚本に込めた思いを聞いた。AERA 2022年6月6日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 俳優と飲み食い、自らの欠点や未熟さをバラす 阪本順治監督の映画の作り方

    俳優と飲み食い、自らの欠点や未熟さをバラす 阪本順治監督の映画の作り方

    週刊朝日

    5/28

    三年連続「首」骨折のリハビリ中に…作家・下重暁子の気づき
    筆者の顔写真

    下重暁子

    三年連続「首」骨折のリハビリ中に…作家・下重暁子の気づき

    週刊朝日

    11/8

  • 超贅沢な“ハードボイルド“コメディー映画 桃井かおりの号令で名優たちが集まった

    超贅沢な“ハードボイルド“コメディー映画 桃井かおりの号令で名優たちが集まった

    AERA

    7/9

    「映画監督に必ずなる」 17歳の阪本順治を決意させたゾッとした体験

    「映画監督に必ずなる」 17歳の阪本順治を決意させたゾッとした体験

    週刊朝日

    5/26

  • 大麻スキャンダルで表舞台から消えた伊勢谷友介を直撃 伊藤健太郎との違いとは

    大麻スキャンダルで表舞台から消えた伊勢谷友介を直撃 伊藤健太郎との違いとは

    週刊朝日

    12/22

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す