コロナ対応で看護師の過酷な労働環境 「辞めたいと思ってもしかたがない」現場の声

2022/05/27 11:00

 コロナ禍で過酷な労働を強いられている医療従事者。コロナ患者を対応した40代の男性看護師もその一人だ。オミクロン株の流行で感染者が激増し、厳しい労働環境だった「第6波」を振り返ってもらった。AERA 2022年5月30日号の記事から。

あわせて読みたい

  • 嘉門タツオさんがYouTubeで訴える 「看護の現場」が話題 きっかけは名看護婦の伯母の言葉

    嘉門タツオさんがYouTubeで訴える 「看護の現場」が話題 きっかけは名看護婦の伯母の言葉

    週刊朝日

    2/9

    コロナで疲弊する看護師の現実「世間はGo To楽しんでいるのに」

    コロナで疲弊する看護師の現実「世間はGo To楽しんでいるのに」

    週刊朝日

    12/6

  • 「すでに限界」「心身の疲労ピーク」日本看護協会が会見 看護師不足の病院、半分近く

    「すでに限界」「心身の疲労ピーク」日本看護協会が会見 看護師不足の病院、半分近く

    週刊朝日

    12/22

    コロナ飛沫が顔に 医師より感染リスク高い看護師たちの危機

    コロナ飛沫が顔に 医師より感染リスク高い看護師たちの危機

    週刊朝日

    12/5

  • 中高年患者急増で病床が不足する 現場が警戒する施設内クラスターと院内感染

    中高年患者急増で病床が不足する 現場が警戒する施設内クラスターと院内感染

    AERA

    11/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す