本を読んで国際情勢や背景を知る 同志社大学大学院准教授オススメの10冊とは

2022/05/02 10:00

 忙しい毎日のなかで、情報が流れていく。でも、時には時間をかけてじっくりと活字に向き合いたい。激動する世界情勢について学べる本を、同志社大学大学院准教授の三牧聖子さんが紹介する。「AERA 2022年5月2-9日合併号の記事から。

あわせて読みたい

  • 姜尚中「20世紀は死なず、再び『統制』や『管理』がキーワードになる」
    筆者の顔写真

    姜尚中

    姜尚中「20世紀は死なず、再び『統制』や『管理』がキーワードになる」

    AERA

    4/13

    窓の外から5分ごとに爆音…ウクライナ「西」へ逃げる人の凄まじい列と「離れられない」実情

    窓の外から5分ごとに爆音…ウクライナ「西」へ逃げる人の凄まじい列と「離れられない」実情

    AERA

    2/25

  • 通貨危機でも好戦的外交 プーチン大統領の野望

    通貨危機でも好戦的外交 プーチン大統領の野望

    週刊朝日

    12/25

    気候戦争としてウクライナ侵略を読み解く 経済思想家・斎藤幸平

    気候戦争としてウクライナ侵略を読み解く 経済思想家・斎藤幸平

    AERA

    3/9

  • なぜチェルノブイリだったのか ロシアが侵攻の正当化に「核の脅威」持ち出した可能性

    なぜチェルノブイリだったのか ロシアが侵攻の正当化に「核の脅威」持ち出した可能性

    AERA

    3/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す