大谷翔平「本塁打王と15勝」狙えるルール導入も 投手陣の手薄で負担大の不安要素

プロ野球

2022/04/19 08:00

 昨季は投手として9勝、打者として46本塁打の大活躍を見せたエンゼルスの大谷翔平選手。今季は「大谷ルール」の導入でさらなる飛躍が期待される。AERA 2022年4月25日号の記事から紹介する。

あわせて読みたい

  • 交流戦では大谷翔平の「リアル二刀流」に注目! ラミレスDeNAは昨年のリベンジなるか?

    交流戦では大谷翔平の「リアル二刀流」に注目! ラミレスDeNAは昨年のリベンジなるか?

    dot.

    5/30

    開幕戦9奪三振の大谷翔平 現地記者の「1番になれるとは思わない」発言が波紋

    開幕戦9奪三振の大谷翔平 現地記者の「1番になれるとは思わない」発言が波紋

    dot.

    4/9

  • 大谷翔平が二刀流より野手専念のほうが良い理由

    大谷翔平が二刀流より野手専念のほうが良い理由

    週刊朝日

    7/17

    大谷翔平、米国で“アイドル”扱い プレーだけでなく「喜怒哀楽」も人気

    大谷翔平、米国で“アイドル”扱い プレーだけでなく「喜怒哀楽」も人気

    AERA

    7/13

  • 「もう少し期待したい」大谷翔平、米メディア大絶賛も現地記者から漏れ始めた不安の声

    「もう少し期待したい」大谷翔平、米メディア大絶賛も現地記者から漏れ始めた不安の声

    dot.

    5/1

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す