プーチン大統領、なぜウクライナに侵攻? チェチェン紛争での「成功体験」も一因か

ウクライナ

2022/04/13 08:00

 ロシアはウクライナに侵攻したものの苦戦し、停戦交渉も難航することが予想される。 プーチン大統領はなぜ暴挙に出たのか。国内の反乱を鎮圧した成功体験がありそうだ。 AERA 2022年4月18日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 停戦交渉は難航必至 ベトナムもアフガンも合意まで5年…過去の協議に見る早期実現の難しさ

    停戦交渉は難航必至 ベトナムもアフガンも合意まで5年…過去の協議に見る早期実現の難しさ

    AERA

    4/13

    悪事を正当化するプーチン語録の読み解き「狙いはウクライナ全体の支配」

    悪事を正当化するプーチン語録の読み解き「狙いはウクライナ全体の支配」

    dot.

    2/26

  • 安倍元首相を利用して中国をけん制した台湾の蔡英文総統の「作戦勝ち」

    安倍元首相を利用して中国をけん制した台湾の蔡英文総統の「作戦勝ち」

    dot.

    3/27

    「プーチンは人格が壊れた指導者」 ロシア政治専門家が語るウクライナ侵攻の「誤算」と核攻撃の可能性

    「プーチンは人格が壊れた指導者」 ロシア政治専門家が語るウクライナ侵攻の「誤算」と核攻撃の可能性

    dot.

    3/10

  • 田原総一朗「“核共有”まで出る戦争前提の防衛力強化は間違いだ」
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗「“核共有”まで出る戦争前提の防衛力強化は間違いだ」

    週刊朝日

    5/18

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す