決断の理由を胸を張って言えるリーダーに 大阪府四條畷市長・東修平

<現代の肖像>

現代の肖像

2022/04/09 18:00

 大阪府四條畷市長、東修平。2017年、東修平は28歳で大阪府の四條畷市長となる。全国最年少、無名の新人が現職の市長を破っての当選だった。大学で原子力の研究をしていたが、東日本大震災の際に、行政に的確な指示を出す人間がいることの重要性を感じ、官僚になった。地方から日本を良くしていきたい。その思いから、反発も覚悟の上で公平を徹底し、「市民のため」を貫く。

あわせて読みたい

  • 存在感が薄い? 吉村洋文・新大阪市長ってどんな人? 女性職員には意外な“評判”も…

    存在感が薄い? 吉村洋文・新大阪市長ってどんな人? 女性職員には意外な“評判”も…

    dot.

    12/2

    辞任表明も「ワクチン接種終わるまで」と居座るサウナ市長へ迫る包囲網 

    辞任表明も「ワクチン接種終わるまで」と居座るサウナ市長へ迫る包囲網 

    dot.

    4/27

  • 池田市長のサウナ問題で後援会長と副市長と秘書課職員が結んだ「秘密保持契約」入手 当事者直撃

    池田市長のサウナ問題で後援会長と副市長と秘書課職員が結んだ「秘密保持契約」入手 当事者直撃

    週刊朝日

    3/6

    「機内食にあんぱんを!」 成田ソラガールの大いなる“野望”

    「機内食にあんぱんを!」 成田ソラガールの大いなる“野望”

    dot.

    6/7

  • 「暴言辞職」泉氏が明石の出直し市長選に立候補「アンガーマネジメント講習を受けた」

    「暴言辞職」泉氏が明石の出直し市長選に立候補「アンガーマネジメント講習を受けた」

    dot.

    3/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す