石巻の魚介類を米国に売り込む20代女性も 故郷と向き合う若者たちの奮闘 #知り続ける

2022/03/10 10:00

 東日本大震災から11年。被災地では人口流出が続き若者の割合は総じて低い。だが、復興とともに歩み始めた「Z世代」は少なくない。若者たちを動かすのは何か。AERA 2022年3月14日号は、2人のZ世代に聞いた。

あわせて読みたい

  • 「風評被害という言葉使いたくない」 コロナ禍やトリチウム処理水問題を福島の漁師はどう乗り越えるのか

    「風評被害という言葉使いたくない」 コロナ禍やトリチウム処理水問題を福島の漁師はどう乗り越えるのか

    AERA

    8/24

    石巻はボランティアから漁業体験へ 新しい観光形態にリピーターも

    石巻はボランティアから漁業体験へ 新しい観光形態にリピーターも

    AERA

    12/20

  • 瓶ドン、ウニ貝焼き、海宝漬け…被災地の「逸品」お取り寄せ #あれから私は

    瓶ドン、ウニ貝焼き、海宝漬け…被災地の「逸品」お取り寄せ #あれから私は

    週刊朝日

    3/11

    被災地で生まれた「サラリーマン漁師」 中には転職者も

    被災地で生まれた「サラリーマン漁師」 中には転職者も

    AERA

    3/12

  • さあ、「ウニ」の季節 !! 北海道・積丹で 「ウニ丼」 をおなかいっぱい食べたいっ !!

    さあ、「ウニ」の季節 !! 北海道・積丹で 「ウニ丼」 をおなかいっぱい食べたいっ !!

    tenki.jp

    7/15

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す