中高年男性の「孤独の美学」は“個独”と“孤毒”を混同? 「心身に悪影響が大きい」専門家が警鐘

2022/03/06 08:00

 年代や性別で孤独の感じ方や捉え方はさまざまだが、働き盛りの中高年男性の孤独感が強まっている。一方、この世代特有の考え方として「孤独の美学」を持つ人も多い。なぜなのか。AERA 2022年3月7日号の「孤独」特集の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 野田聖子氏、孤独対策「誰もが相談できるプッシュ型」を目指す考え 重度障害児の育児で申請主義の弊害を感じて

    野田聖子氏、孤独対策「誰もが相談できるプッシュ型」を目指す考え 重度障害児の育児で申請主義の弊害を感じて

    AERA

    3/4

    貧困、虐待、DV…女性たちがステイホームで地獄に 保護後も孤独という厳しい現実

    貧困、虐待、DV…女性たちがステイホームで地獄に 保護後も孤独という厳しい現実

    AERA

    3/7

  • ウクライナと桜と孤独と 下重暁子「蒼白い桜が今の気分にふさわしく…」
    筆者の顔写真

    下重暁子

    ウクライナと桜と孤独と 下重暁子「蒼白い桜が今の気分にふさわしく…」

    週刊朝日

    4/1

    野田聖子氏、孤独問題「自助からの転換」に意欲 郵政民営化、不妊治療で「世の中1人きり」と感じた過去も告白

    野田聖子氏、孤独問題「自助からの転換」に意欲 郵政民営化、不妊治療で「世の中1人きり」と感じた過去も告白

    AERA

    3/3

  • 稲垣えみ子「孤独との縁切り方法、それは『便利は不幸』であると気づく事」
    筆者の顔写真

    稲垣えみ子

    稲垣えみ子「孤独との縁切り方法、それは『便利は不幸』であると気づく事」

    AERA

    3/21

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す