5~11歳 子どものワクチン接種は効果と副反応を考慮 持病ある場合はかかりつけ医に相談を

ウィズコロナ

2022/02/24 11:00

 新型コロナウイルスのワクチンが、5~11歳の子どもに対しても特例承認された。接種するかどうかを決めるに際して考慮すべき点がある。AERA 2022年2月28日号から。

あわせて読みたい

  • ワクチン3回目接種 英米のデータが示す「種類」よりも「打つこと」の重要性

    ワクチン3回目接種 英米のデータが示す「種類」よりも「打つこと」の重要性

    AERA

    2/16

    子どものワクチン接種 「副反応は?」「本当に必要?」保護者のギモンに専門医の答えは?

    子どものワクチン接種 「副反応は?」「本当に必要?」保護者のギモンに専門医の答えは?

    dot.

    1/29

  • ブースター接種でオミクロン株の抗体25倍 2回でも重症化を防ぐ調査結果も

    ブースター接種でオミクロン株の抗体25倍 2回でも重症化を防ぐ調査結果も

    AERA

    12/15

    ワクチン2回で予防効果は推計「0」…対オミクロン、ブースターまで時間稼ぎが必要

    ワクチン2回で予防効果は推計「0」…対オミクロン、ブースターまで時間稼ぎが必要

    AERA

    12/29

  • ハイブリッドのオミクロン「XE」が登場 感染対策緩和下での防衛法とは

    ハイブリッドのオミクロン「XE」が登場 感染対策緩和下での防衛法とは

    AERA

    4/12

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す