「おもいやり予算」名称変更に違和感 「政治的な意図が濃厚」「メディアの側の判断も問われる」と専門家

2022/02/02 08:00

 在日米軍の駐留費用を支援する通称「思いやり予算」。それを政府は、「同盟強靱化予算」に言い換えると表明した。支出の実態にあわせた表現だとするが、際限ない負担増につながる可能性をはらむ。AERA 2022年2月7日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 年7千億円も米軍に「思いやり」与える日本政府はどこまで優しい?

    年7千億円も米軍に「思いやり」与える日本政府はどこまで優しい?

    AERA

    12/21

    トランプ大統領誕生で懸念される日米同盟、米軍の撤退で防衛に穴はあかない

    トランプ大統領誕生で懸念される日米同盟、米軍の撤退で防衛に穴はあかない

    AERA

    11/15

  • 元・米国外交官が語る日米安保「米国が日本の防衛をする、は誤解」

    元・米国外交官が語る日米安保「米国が日本の防衛をする、は誤解」

    週刊朝日

    3/23

    米軍駐留経費負担の増額を求めるトランプへの対抗策は? 田岡俊次が緊急提言

    米軍駐留経費負担の増額を求めるトランプへの対抗策は? 田岡俊次が緊急提言

    AERA

    8/23

  • 安保法制で急進する日米軍事一体化 防衛省も驚いた安倍政権の米兵器2兆円の“爆買い”

    安保法制で急進する日米軍事一体化 防衛省も驚いた安倍政権の米兵器2兆円の“爆買い”

    週刊朝日

    11/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す