リモート+出社「ハイブリッド型」で進化する働き方 オフィスはアイデア創出の場に

働き方

2021/12/16 08:00

 コロナ禍でリモートワークが普及したものの、最近では以前のように出社への切り替えを模索する動きもある。そうしたなか、コロナ後の働き方として、注目されるのはリモートワークと出社を組み合わせた「ハイブリット型」だ。これまでの働き方に後戻りせず、進化が求められている。AERA 2021年12月20日号は、「ポストコロナ」特集。

あわせて読みたい

  • 通信光熱費の負担増、スラハラも!? 長引くリモートワーク「明と暗」

    通信光熱費の負担増、スラハラも!? 長引くリモートワーク「明と暗」

    AERA

    4/19

    「派遣先はテレワークの可否で決める」 ポストコロナは出勤オフ型が主流?

    「派遣先はテレワークの可否で決める」 ポストコロナは出勤オフ型が主流?

    AERA

    6/20

  • いいリモートは「複線型コミュニケーション」がカギ Zoom日本法人とヤッホーに学ぶ在宅ワーク改善法

    いいリモートは「複線型コミュニケーション」がカギ Zoom日本法人とヤッホーに学ぶ在宅ワーク改善法

    AERA

    11/5

    出社とテレワーク混在「まだらテレワーク」に課題 「評価格差」や「女性に在宅勤務偏り」懸念も

    出社とテレワーク混在「まだらテレワーク」に課題 「評価格差」や「女性に在宅勤務偏り」懸念も

    AERA

    6/18

  • 「いつでもどこでも働ける」ヤフーが働き方の自由化を実現 仕事の「質」にも好影響

    「いつでもどこでも働ける」ヤフーが働き方の自由化を実現 仕事の「質」にも好影響

    AERA

    9/13

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す