「撮り鉄」のモラルハザード、なぜ減らない? 加熱する迷惑行為、拍車をかける背景とは

2021/12/09 11:30

 カメラを手にした鉄道ファン「撮り鉄」によるトラブルがまた起きた。マナー違反が問題視され続けながら、減る気配はない。その背景は──。AERA2021年12月13日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 撮り鉄 ホームで「罵声大会」、注意されると「逆ギレ」も マナー崩壊の背景

    撮り鉄 ホームで「罵声大会」、注意されると「逆ギレ」も マナー崩壊の背景

    AERA

    5/15

    マナー違反を繰り返す 一部の「撮り鉄」たちの“思考停止”

    マナー違反を繰り返す 一部の「撮り鉄」たちの“思考停止”

    dot.

    6/23

  • 悪質な「撮り鉄」マナー 乗務員に向かってストロボ撮影、呆れたその言い訳とは?

    悪質な「撮り鉄」マナー 乗務員に向かってストロボ撮影、呆れたその言い訳とは?

    dot.

    11/5

    悪質な撮り鉄は「客」じゃない! 鉄道会社社長とプロの「撮り鉄」が本音で激論

    悪質な撮り鉄は「客」じゃない! 鉄道会社社長とプロの「撮り鉄」が本音で激論

    dot.

    1/22

  • 「撮り鉄」にカメラを向けられた車掌のホンネは? 「事故になれば駅員の責任…」

    「撮り鉄」にカメラを向けられた車掌のホンネは? 「事故になれば駅員の責任…」

    dot.

    11/9

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す