「授業準備は5分」に「小学校をなめているのか」 公立教員残業代訴訟の「仕分け」に教員ら困惑

2021/11/25 07:00

 公立小学校教員が未払い残業代を求めた訴訟で、司法が勤務時間外の労働時間を仕分けた。現場の実態や価値観と合わないチグハグさが、大きな波紋を呼んでいる。AERA 2021年11月29日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 教師をもう続けられない…3万人が残業隠しの「変形労働時間制」に悲鳴と怒り

    教師をもう続けられない…3万人が残業隠しの「変形労働時間制」に悲鳴と怒り

    AERA

    10/19

    教師を過労死へと追い詰めた元凶「定額働かせ放題」改正求め3万筆署名提出

    教師を過労死へと追い詰めた元凶「定額働かせ放題」改正求め3万筆署名提出

    AERA

    12/6

  • 「定額働かせ放題」に教員が悲鳴 時短勤務申請で“脅し文句”も

    「定額働かせ放題」に教員が悲鳴 時短勤務申請で“脅し文句”も

    AERA

    12/6

    日本の教師、世界的にも長時間労働「意味あるのか?」という仕事も

    日本の教師、世界的にも長時間労働「意味あるのか?」という仕事も

    AERA

    11/12

  • 「もう限界」…ブラック学校の非正規教員、残業は月160時間でも手取りで月17万円

    「もう限界」…ブラック学校の非正規教員、残業は月160時間でも手取りで月17万円

    AERA

    7/23

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す