岩松了「観客はあくまで、自分」 自分が面白いと思うことを貫く、揺るぎないポリシー

2021/10/25 11:30

 劇作家・演出家・俳優、岩松了。最近では、ドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」に出演するなど、名バイプレイヤーとしても活躍する岩松了。今も昔も、岩松が最も力を注ぐのが演劇である。書き下ろした戯曲は80本超。手掛ける演出は一切の妥協がない。岩松の作る舞台では、人間の持つ善も悪も邪な感情もあぶりだされていく。自分が面白いと思うことを貫く。AERA2021年10月25日号「現代の肖像」から。

あわせて読みたい

  • 村上淳「僕は“ラッキーおじさん”です」 その理由とは?

    村上淳「僕は“ラッキーおじさん”です」 その理由とは?

    週刊朝日

    3/4

    息子の誕生で一気にラクに? 皆川猿時の人生観

    息子の誕生で一気にラクに? 皆川猿時の人生観

    週刊朝日

    7/11

  • 「日本の戯曲は打ち上げ花火」シルビア・グラブが語る芝居

    「日本の戯曲は打ち上げ花火」シルビア・グラブが語る芝居

    週刊朝日

    6/25

    長塚圭史、神奈川芸術劇場の監督に 広場で上演する試みも

    長塚圭史、神奈川芸術劇場の監督に 広場で上演する試みも

    週刊朝日

    4/13

  • 「半沢直樹」の熱い芝居はコロナ禍でのエネルギー発散? 市川猿之助が振り返る

    「半沢直樹」の熱い芝居はコロナ禍でのエネルギー発散? 市川猿之助が振り返る

    週刊朝日

    1/16

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す