ワーケーションが「まちづくり」につながる コロナ以前から取り組む長野県千曲市の戦略

2021/10/02 08:00

 コロナ禍でリモートワークが普及した今、旅行と仕事を両立する「ワーケーション」の注目度が高まっている。そうした中、積極的に取り組む自治体や、企業の新サービスといった動向も見逃せない。AERA 2021年10月4日号の記事を紹介。

あわせて読みたい

  • 老舗ホテルが生き残りをかけ、テレワークや終電対応 “苦渋の選択”で 休館・営業縮小も

    老舗ホテルが生き残りをかけ、テレワークや終電対応 “苦渋の選択”で 休館・営業縮小も

    週刊朝日

    1/28

    高級ホテルに匹敵! 最新ラブホテルが“宿泊難民”を救う?

    高級ホテルに匹敵! 最新ラブホテルが“宿泊難民”を救う?

    週刊朝日

    10/22

  • 国内外8万2千円で住み放題「住居サブスク」が人気 地元人との「ゆるいコミュニティー」も魅力

    国内外8万2千円で住み放題「住居サブスク」が人気 地元人との「ゆるいコミュニティー」も魅力

    AERA

    8/12

    千曲であんず開花 昭和46年以来最早

    千曲であんず開花 昭和46年以来最早

    tenki.jp

    3/28

  • サブスク貧乏やサブスク疲れが続出! 元を取れるかもしれない三つの条件

    サブスク貧乏やサブスク疲れが続出! 元を取れるかもしれない三つの条件

    週刊朝日

    6/3

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す