中山優馬「昭和ってなんてアナーキーな世界なんだ!」 最新主演作で描く、激動の時代の熱気

2021/09/26 11:30

 近年、ジャニーズ事務所所属の中山優馬は俳優業を軸に活動している。中でも主戦場としているのが舞台だという。最新主演作では1970~80年代という激動の時代にのみ込まれながらも、理想の音楽と愛を追い求める不器用なバンドマンを演じる。AERA 2021年9月27日号では、日々の演技に向き合う中山優馬を取材した。

あわせて読みたい

  • <インタビュー>03年生まれのシンガーRAKURAが歌うコロナ禍のエンパワーメントソング 「絶望の中でも希望を見出したい」

    <インタビュー>03年生まれのシンガーRAKURAが歌うコロナ禍のエンパワーメントソング 「絶望の中でも希望を見出したい」

    Billboard JAPAN

    7/29

    原田龍二が会見で不倫を謝罪【全文】 性欲を控えられなかった「助さん」

    原田龍二が会見で不倫を謝罪【全文】 性欲を控えられなかった「助さん」

    週刊朝日

    6/1

  • HYDE、ニューシングル『LET IT OUT』オフィシャル・インタビュー到着

    HYDE、ニューシングル『LET IT OUT』オフィシャル・インタビュー到着

    Billboard JAPAN

    11/25

    生田斗真、飛び込み仕事にも「バッチリ空いてます!」 コロナ禍で得た気づきとは

    生田斗真、飛び込み仕事にも「バッチリ空いてます!」 コロナ禍で得た気づきとは

    AERA

    2/25

  • 横山裕  「マシーン日記」主演で再確認 舞台ならではの爽快感と熱量とは

    横山裕 「マシーン日記」主演で再確認 舞台ならではの爽快感と熱量とは

    AERA

    2/13

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す