天才プログラマーも魅了した元受付係の起業家 「起業の神様」の“壁打ち”で事業計画を磨く

2021/09/06 08:00

 かつての起業家が「意思ある投資家」として、次世代の起業家を育てる。そんな循環の中心にいる人々に迫る短期集中連載。第1シリーズの第3回は、企業の受付から起業家に転身した、ベンチャー企業RECEPTIONIST(レセプショニスト)のCEO・橋本真理子(39)だ。AERA 2021年9月6日号の記事の3回目。

あわせて読みたい

  • 「受付嬢では参加が許されぬイベント」に憧れ起業家に 就職氷河期で「派遣」の道へ

    「受付嬢では参加が許されぬイベント」に憧れ起業家に 就職氷河期で「派遣」の道へ

    AERA

    9/3

    渋谷のサイゼリヤで作戦会議 「30歳が限界」の受付係から起業家めざした女性

    渋谷のサイゼリヤで作戦会議 「30歳が限界」の受付係から起業家めざした女性

    AERA

    9/5

  • 「絶対応援せないかん」エンジェル投資家が背中を押したくなる起業家とは

    「絶対応援せないかん」エンジェル投資家が背中を押したくなる起業家とは

    AERA

    9/21

    「黒船のペリー」となって起業家に息吹を注ぐ 米国在住の投資家なら「大企業の社長にも会いに行ける」

    「黒船のペリー」となって起業家に息吹を注ぐ 米国在住の投資家なら「大企業の社長にも会いに行ける」

    AERA

    4/4

  • 駆け出しベンチャーにも「億」の出資

    駆け出しベンチャーにも「億」の出資

    AERA

    3/4

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す