障害ある人のバリアーをなくす舞台演出で、多様性をごくフツーの日常に SLOW LABELディレクター・栗栖良依<現代の肖像>

2021/09/02 17:00

 SLOW LABELディレクター、栗栖良依。高校1年のときにテレビで見たリレハンメル冬季五輪の開会式に感動し、栗栖良依は自分も五輪の舞台を作りたいと夢見てきた。イタリアにも留学し、夢に邁進していた32歳で骨肉腫に。手術で右脚の機能を失ったが、新たな人生が待っていた。障害者と共に作るパフォーミングアーツと出合い、真の多様性を考えてきた。東京オリパラの舞台も踏み、次を見据える。

あわせて読みたい

  • 物議のバッハ会長が去り、「利権がからんでない」パラ開会式が称賛される理由

    物議のバッハ会長が去り、「利権がからんでない」パラ開会式が称賛される理由

    dot.

    8/27

    東京五輪の天皇陛下の開会宣言 国民の複雑な気持ちを“象徴”

    東京五輪の天皇陛下の開会宣言 国民の複雑な気持ちを“象徴”

    週刊朝日

    7/29

  • 【東京都現代美術館】「石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか」展 360°VR+ハイライト映像公開のお知らせ

    【東京都現代美術館】「石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか」展 360°VR+ハイライト映像公開のお知らせ

    PR TIMES

    8/24

    パラリンピック開会式は邪念がなかった メディアのズレが変わる瞬間を見た 鈴木おさむ
    筆者の顔写真

    鈴木おさむ

    パラリンピック開会式は邪念がなかった メディアのズレが変わる瞬間を見た 鈴木おさむ

    dot.

    8/26

  • 石岡瑛子は現代によみがえった“アマビエ”か? 伝説のデザイナーの展示に元気をもらう

    石岡瑛子は現代によみがえった“アマビエ”か? 伝説のデザイナーの展示に元気をもらう

    dot.

    11/21

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す