踏み外した“批判の自由” 「表現の不自由展・その後」東京開催が脅かされないために必要な社会環境とは

2021/06/23 08:00

 東京で、表現の不自由展の会場が変更を余儀なくされ、韓国人監督による映画の上映が中止になった。表現の自由と、批判の自由について考える。AERA2021年6月28日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 中止の「表現の不自由展・その後」実行委が激白 「明らかに不当な暴力による人災です」

    中止の「表現の不自由展・その後」実行委が激白 「明らかに不当な暴力による人災です」

    AERA

    8/12

    田原総一朗「抗議殺到を予想? 『表現の不自由展』敢行を評価したい」
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗「抗議殺到を予想? 『表現の不自由展』敢行を評価したい」

    週刊朝日

    8/21

  • 「表現の不自由展」中止は「表現の自由」の問題ではない? 専門家が指摘するワケ

    「表現の不自由展」中止は「表現の自由」の問題ではない? 専門家が指摘するワケ

    AERA

    9/3

    逮捕者まで出た「表現の不自由展・その後」中止 渦中の河村名古屋市長が激白「ワシにもfaxがきたよ」

    逮捕者まで出た「表現の不自由展・その後」中止 渦中の河村名古屋市長が激白「ワシにもfaxがきたよ」

    週刊朝日

    8/8

  • あいちトリエンナーレ問題 脅迫FAX犯人逮捕でも安心できない理由

    あいちトリエンナーレ問題 脅迫FAX犯人逮捕でも安心できない理由

    週刊朝日

    8/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す