公立小で初「異年齢クラス」を導入 学年を超えて「筆算のやり方」教え合う姿も

2021/06/19 08:00

 子ども一人ひとりの個性を尊重し、自律と共生を掲げるイエナプラン教育。公立校として初めて取り入れたのが福山市立常石小学校だ。「義務教育」を特集したAERA 2021年6月21日号は、導入背景や効果などを取材した。

あわせて読みたい

  • 小学校の教室に黒板なし、1年生も3年生も一緒に授業も 義務教育の最前線

    小学校の教室に黒板なし、1年生も3年生も一緒に授業も 義務教育の最前線

    AERA

    6/17

    “リクルート出身”教育長が公立校を改革中 定員割れの商業高校を人気校へ

    “リクルート出身”教育長が公立校を改革中 定員割れの商業高校を人気校へ

    AERA

    6/17

  • 子どもの教育のために地方移住 「普通の小学校にはない」親たちが感じた魅力

    子どもの教育のために地方移住 「普通の小学校にはない」親たちが感じた魅力

    AERA

    6/18

    「10分説明したら自由学習」ICTで変わる授業手法 一斉から“個別最適化”へ

    「10分説明したら自由学習」ICTで変わる授業手法 一斉から“個別最適化”へ

    AERA

    5/24

  • 公立校で進まない休校中のオンライン指導 「子どもを孤独にさせない」立ち上がる教師たち

    公立校で進まない休校中のオンライン指導 「子どもを孤独にさせない」立ち上がる教師たち

    AERA

    5/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す